山と高原地図アプリ

ヤマトコウゲンチズアプリ

あのロングセラー登山地図「山と高原地図」がアプリに!

『山と高原地図』シリーズは、1965年より毎年発行、登山を楽しむ方に長く親しまれ続けているロングセラー登山地図です。谷や尾根、等高線や登山道を綿密に描き、実踏調査に基づいた登山ルート・コースタイムなどを掲載、全国の名山約1,500を紹介したもので、ラインナップは全60点にのぼります。
『山と高原地図』アプリは、この慣れ親しんでいる地図をお手持ちのスマートフォンでも見られるだけでなく、GPSを使って地図上で現在地を確認したり、自分が登ったルートの記録をする、といった機能により 登山・ハイキングがますます楽しくなるアプリになっています。記録したルートをメールで送信して、PCで登山記録を管理したり、登山コミュニティサイトに投稿して記録を共有することもできるので、活用方法は無限に広がります。地図データは全てスマートフォン本体に格納しますので、携帯電話の電波が届かない山中でも安心して使用することができます。

 

「使ってみよう!山と高原地図」はこちら

各商品の収録範囲はこちら

登山・ハイキングがますます楽しくなるアプリです

これまでも登山向けのスマートフォンアプリはありましたが、読図力を要求される国土地理院の地図しか表示できなかったり、地図の取り込みにパソコンのスキルが必要だったり、と多くのユーザーには敷居の高いものでした。そこで、「山と高原地図」アプリは、誰でも簡単に使用できるシンプルな操作性で、登山地図として実績No.1の「山と高原地図」の上で現在地がわかるアプリ、というコンセプトで制作しています。現在地がわかるというのは、道に迷ったときだけでなく、ルート上にいるときでも自分がどれだけ進んだのか把握できるのでとても便利ですし、地図上に自分の歩いたルートが描かれていくのは非常に楽しいので、ぜひ一度体験してください。また、記録したルートをパソコンで管理したり、「ヤマレコ」等のコミュニティサイトに投稿して他のユーザーと情報交換をすることで、新たな登山の楽しみを発見していただければと思います。

開発チームからのメッセージ

発売以来、弊社のアプリとしてはかつてないほど、非常に多くのご意見・ご質問をいただいています。また、サポートへ直接届くご意見以外に、本当に多くの方がブログ等へ使用レポートをアップしてくださっているので、なるべく目を通すようにしています。「便利!」「楽しい!」という声は非常に励みになりますし、「○○もできると良いのに!」「△△が使いづらい!」といったご意見は、今後のバージョンアップに生かしていきたいと考えています。出版物としては50年以上の実績のある「山と高原地図」ですが、アプリとしてはまだ最初の一歩を踏み出したところですので、ユーザーのご意見を反映させながら、末永く使っていただけるアプリに成長させていきたいと思います。
最後にお願いですが、山に登る際には、バッテリー切れに備えて、「山と高原地図」アプリだけでなく紙の地図とコンパスも必ず持っていってください。スマートフォンは万が一の際の連絡手段でもありますので、バッテリーの残量にはくれぐれも注意して、安全第一で登山・ハイキングを楽しんでください。

関連コンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • (function(d) {var s = d.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.async = true;s.src = '//static.mixi.jp/js/plugins.js#lang=ja';d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s);})(document);

山開きを迎え、8月11日には国民の祝日「山の日」を控える今、登山を実際にやってみようかなと思っている人も多いのでは?ただ、初心者の登山には不安がつきもの。そこで、今回は登山愛好家にはおなじみ、「チーム安全登山」という安全に登山を楽しむ活動も行なうコミュニティサイト「ヤマレコ」の代表・的場一峰さんに、安全な登山の心がけや楽しみ方などを伺ってきました。

プロフィール
的場一峰
大学卒業後、株式会社富士通研究所にてネットワーク技術の研究員として研究開発に従事。2013年7月に株式会社ヤマレコを創業。現在、株式会社ヤマレコ代表取締役社長を務めている。

●ヤマレコ
https://www.yamareco.com/


撮影/木田 裕介

登山記録をはじめ、計画を立てられたり、掲示板で交流したり、登山愛好家なら知らない人はいない登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」。運営している的場さんも、もちろん登山愛好家の1人です。そんな的場さんに、自身が山に魅了されるわけ、それから登山ブームの現状や、登山で気をつけるべきこと、今後の展望などを語っていただきました。登山人口が増える今、安全に楽しく登山をするためには一人ひとりの意識が大切になってきています。そのあたりのお話もぜひ参考にしてみてください。

山に登り始めたのはいつ頃からですか?
的場さん(以後的場):
子どもの頃から山に連れて行ってもらっていたと思うのですが、特に記憶に残っているのは小学校4年生ぐらいのときに富士山に連れて行ってもらったことでしょうか。早朝のまだ薄暗いときから始めて、その日の夜までかけて登った記憶があります。まだ子どもで体力的にはつらい登山だったと思うのですが、「楽しかった」イメージだけが残っています。そのあと近場の山に登ったり、上高地で穂高を見た際に「あの山は登れる山なんだよ」と教えられ、いつか登ってみたいと思ったりしていました。そのあたりが影響したのか、高校までは陸上部だったんですけど、大学では誰に誘われるでもなくワンダーフォーゲル部の門をたたいていました。
「ヤマレコ」はどういう思いで立ち上げたのでしょうか?
的場:
その後は「カモの会」という社会人山岳会に入っていて、そこで会報制作の担当をしていたんです。メンバーから写真や文章を集めて冊子を作っていたんですが、それが結構大変で。各自で登録できるシステムがあればと思い、「カモレコ」という会員専用のサイトを作ったのが始まりです。この輪が一般の人にも広がるとおもしろいことになるんじゃないかという感覚で、趣味の範囲として「ヤマレコ」を立ち上げました。今でこそ遭難を防止するという位置づけでいろいろ活動をしていますが、もともとは「作ることが楽しい」という純粋な気持ちから生まれたものです。

初心者がまず山に登ろうと思った際にすべきことはなんですか?
的場:
まずは行く山の最新の情報をしっかり収集し、最低限の準備をすること。そして道具の準備。例えばログが取れるような時計、スマートフォン(およびバッテリー)、地図などです。山歩きでは常に、「目的地」と「自分の現在地」を意識する必要があります。『山と高原地図』のような俯瞰で把握できる紙の地図と、スマートフォン(アプリ)、GPS付きの時計など、現在地がわかるITの力を活用するのがいいと思います。ほかに必要な装備、行動食などに関しても、今はすぐに事前に調べられるので、最低限の準備まではみんなすぐできると思います。あと、個人的に本当に必要なのは「師匠」「先輩」だと思っています。疲れないための足の運び方、重心の移動方法、ペース配分、日程の作り方……そういうことを教えてくれる先輩がいれば最高ですね。そして、何度か登るようになると、基本的には山の情報収集として「ヤマレコ」を使うことが多くなると思います。行きたい山が決まっていない場合は、人気の山行記録を見て、こんな山に行ってみたい、というところを見つけていただくのがいいのかと。みんながどの時期にどの程度の山に登っているのか、という情報も見ることができますし。
自分のレベルに合った山の選び方は、何を基準にどう選んだらいいですか?
的場:
「ヤマレコ」では、今月のおすすめの山の情報を毎月10件前後記事にしています。おすすめの理由(テーマ)があって、例えば高山植物を楽しめる山だったり、お手軽に絶景を楽しめる山だったり。ロープワークが必要になる中級から上級者向けのルートもあり、季節や技術・体力のレベルなども掲載しているので、記事を読んでいただければ自分のレベルに合った山を選ぶ参考になると思います。行きたい場所が決まったら、実際に行かれた方の記録を見て、危険箇所や見どころをチェックしてみてください。また、山行記録を登録いただくと自分の歩くペースもわかりますので、同じようなペースで、行きたい山に行っている人をフォローしていただくのもいいと思います。また過去に自分が行ったルートの長さや標高差などのパラメータをもとに、同じようなレベルと思われる記録を提案する「山コンシェル」の機能もありますので、そのあたりも参考にしてみていただければ。

多くの方が山へ登られる一方、2015年の山岳遭難件数は2508件で、統計を取り出して以来最多でした。改めて登山計画の必要をどう感じていますか?
的場:
「ヤマレコ」では登山計画書を簡単に作れてネットで提出できたり、救助費用の補填のための山岳保険や、家族が下山遅れを察知できるような下山連絡、アプリと連携した現在位置の特定システムの提供など、安全に登山を楽しむ活動を広めています。登山をする上で計画を立てる必要性は、山岳事故を起こさないようにするためです。事前に地図を見ておき、何時にどこに行けなければ引き返す、などの事前のルールを作っておくことで、道迷いなどのリスクを避けることができます。地図を見て、等高線から尾根や谷の地形や急峻さを事前に知っておくことで、そのリスク回避の判断ができるようになります。計画を立てることで最悪な状況を回避できるので、そのためにもみなさんに計画を立てていただきたいと考えています。
昭文社の『山と高原地図』とのコラボサイト「ヤマプラ」もその点で役立ちそうでしょうか?
的場:
昭文社さんの方から、地図のデータを使って登山者に役立てるためのサービスを作りたい、というお話をいただき実現したのが「ヤマプラ」です。そのとき、地図に定評のある昭文社さんのデータと、ネットのサービスを作ってきた実績と多くの利用者の近い場所にいる「ヤマレコ」が融合すると、より登山者にとって使いやすくいいサービスが提供できるのではと考えました。慣れ親しんだ『山と高原地図』で、コースタイムを自動で計算してくれて、それを計画として提出もできる。そしてそれが無料で使えるという状態なので、日程が決まっていない登山も含めて、多くの方が登山のプランを立てるために使っていただいています。実際に計画書まで作らずに下書き保存をしているものが多くあるのもその用途が大きいからだと思います。すぐに山へ行けなくてもプランを立てて行った気分になる「エア登山」という楽しみ方をされる方も多いですね。

最近はどのように登山を楽しまれていますか?
的場:
子どもを背負って家族でよく登山をしていたこともありますが、今子どもが4人いるので、家族全員で行く場合は軽いハイキングが多いですね。山に入ると「なんとか歩くしかない」環境に自然と置かれるので、子どもたちが山を通じて成長してくれているのを見ることができるところもうれしいですね。上の子どもたちは大きくなってきたので、松本市の山岳ガイドさんが引率してくれるスクールで、ほかの子どもとの交流をしながら自分で山に登るという経験もさせてもらっています。
一人で登られるときもありますか?
的場:
自分個人としてはアプリのテストなどで日帰りで山に行くことが多いのですが、テント泊のいつもとまったく違う環境で過ごす特別感が好きなので、またテントを担いで山に行きたいなと思っています。最近は天気のいい日のハイキングばかりやっているので、悪い天気のなかカッパを着て縦走して、風や雨の強いときにテントを張って中でひと息つくのもいいなと思っています。
「ヤマレコ」ユーザーはどんな登山の楽しみ方をしていますか?
的場:
突出してこれが流行っているということはないのですが、トレイルラン人口は増えていると感じます。ほかに面白い楽しみ方としては、街中を歩いたゆるい観光の記録などもありますし、小丘のような低い山ばかり巡っている方、山の中に火消しの格好をしたリスの看板(まといリス)があるのですが、それを複数人で写真を撮ってコレクションとして公開されているような楽しみ方もあるようです。高山植物なども詳しい方が必ずいるので、写真を掲載してこの花の名前がわからない、など書いていると、コメントで教えてくれたりとか、そういう使い方もありますね。山ご飯を楽しんだり、写真を撮ったり、本当に人それぞれ楽しみ方を見出しているようです。

どういった方が登山に向いていると思いますか?
的場:
個人的にはみんな向いていると言いたいですね。だって日本の国土の7割が山で、手軽に登れるんですから。それに登山というのはその人の体力・技術にあった場所さえ選べば楽しめますので。ガッツリ体力が必要な場所に行きたいという方でも、とりあえずウォーキングで自然を満喫したい、という方でも山の中を散策するような楽しみ方もあります。
「ヤマレコ」ユーザーはどんな方が多いですか?
的場:
「ヤマレコ」に記録を残すという意味だと、みんなのために細かく記事を書いてくれるマメな方がどうしても目立ってしまうのですが、単に行った場所を忘れないために残すという方もいますし、全ルート図で自分の行った場所をつないでいく楽しみ方をされている方もいらっしゃいます。記録を残すには山に登らなくてはいけないので、ある程度山に継続して行っている、という方がどうしても多くなりますね。
最後に今後の展望を教えてください。
的場:
最近はネットに加えてスマートフォンの地図アプリなど、山の中で使える便利なものが増えてきて、より安全に登山ができる環境になってきていると思います。「ヤマレコ」としてはITの力を使って、登山を楽しむみなさんが山に登る前から、登り終わって次の山に登るといった経験を積んで山の楽しみ方を発見し続けられるような、みなさんに寄り添ったサービスを提供したいと考えています。まだ初心者から中級者あたりを想定した計画や記録・地図アプリなどの一部の機能しか提供できていませんが、最終的には登山を本当に始めるところから、上級者に成長するまでのライフサイクルの助けになるサービスにできればと考えています。

『山と高原地図』で登山のプランを作ろう!

『山と高原地図』



登山地図シェアNo.1! 登山・ハイキングを強力サポート
「山と高原地図」アプリ


http://mapple-apps.jp/products/yamachizu/

コラム一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • (function(d) {var s = d.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.async = true;s.src = '//static.mixi.jp/js/plugins.js#lang=ja';d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s);})(document);
[post_title] => 夏山シーズン突入!知っておきたい安全な登山の楽しみ方 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => %e5%a4%8f%e5%b1%b1%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3%e7%aa%81%e5%85%a5%ef%bc%81%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%81%ae [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-03-29 14:06:14 [post_modified_gmt] => 2019-03-29 05:06:14 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://dev.mapple.co.jp/blog/1356/ [menu_order] => 0 [post_type] => blog [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) -->

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • (function(d) {var s = d.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.async = true;s.src = '//static.mixi.jp/js/plugins.js#lang=ja';d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s);})(document);

石川県、福井県、岐阜県にまたがり、2000メートル級の山々が連なる「白山」。山麓一帯は、豊かな自然と地元の里山文化に触れることができる一大観光エリアで、登山やトレッキング愛好家が多く訪れています。実は2017年、白山は開山1300年の節目で大注目されているんです。今回は、そんな白山の魅力や楽しみ方をご紹介。アルピニスト・野口健さんにも白山の素晴らしさを語っていただきました。ぜひこれからのレジャー計画の参考にしてみてください!

プロフィール
野口健
アルピニスト。ヒマラヤを中心に登山活動を行うかたわら、エベレストや富士山の清掃活動、シェルパ基金、写真展開催、写真集出版なども行う。亜細亜大学・了徳寺大学客員教授。

●野口健オフィシャルサイト
http://www.noguchi-ken.com/

まず、白山についてよく知らないという方のために、基本的なところからご紹介します。白山は石川県、福井県、岐阜県にまたがる、標高2000メートル級の山峰の総称です。北陸地方の中では標高の高い山なので、夏でも残雪があり、「白い山」として遠方からでも認識できます。白山一帯は国立公園になっており、ユネスコの生物圏保存地域に指定されるなど、自然環境は国際的にも高い評価を受けています。
特に注目すべきは山頂付近の高山植物の豊富さ。日本有数の花の山としても知られていて、夏には高山植物の花畑が広がります。中でもクロユリは日本一の個体数と言われていて、群生する様子は圧巻です。これからのレジャーシーズン、登山やトレッキングに訪れるのにうってつけです。

日本は昔から山を聖地として崇める山岳信仰があります。白山も例外なく、古くから多くの人に崇められてきました。白山開山の祖と言われているのは、奈良時代の僧・泰澄です。白く輝く白山を遠く越前国から望みながら修行していましたが、ある日、天空に現れた貴女(白山神)のお告げに従って前人未踏の白山を目指し、ついに登頂を果たします。それが今から1300年前の717(養老元)年のこと。今年はちょうど開山1300年にあたるメモリアルイヤーなのです。
日本古来の神道と、海を渡って日本に伝えられた仏教を融合させた「神仏習合」の思想が白山信仰の特質です。泰澄の白山登拝をきっかけに、その後多くの人が修験道の場として山頂を目指すようになりました。泰澄の強力な霊験が天皇の病を祈祷で癒したり、疫病の流行を食い止めたりしたことから、人々を救うとして、白山信仰はやがて日本全国へと広がっていきます。各地にある3000を超える白山神社があることからもその人気の高さが伺えます。富士山、立山と並び日本三霊山に数えられる白山、パワースポットとしても人気なので訪れるだけでご利益がありそうです。

現在は山岳レジャースポットとしても人気の白山。歴史や絶景など、この聖なる美しき山の醍醐味を体感するには実際に登るのが一番です。実は白山には魅力あふれる登山ルートがたくさんあります。登山口は石川・岐阜・福井の各県にあり、かつての修行者が辿ったルートや絶景が楽しめるルートなど、趣もさまざま。レジャーとして楽しむためには、しっかり装備をして、経験や体力に応じて季節や天候を選んで臨みましょう。

ゆるやかなルートながら、本格的な登山の準備をしてください。晴れていても、急に雨が降ることもあるので、雨具などを忘れずに。初心者は必ず経験者と一緒に登りましょう。また、マナーとしては決して登山道から外れて花畑などに足を踏み入れないこと。白山一帯は国立公園なので、草木一本でも取ることは禁止されています。そして白山は全国の山で行なわれているゴミ持ち帰り運動の先駆け。ゴミの持ち帰りに協力を。

さらに2017年7月1日の夏山開きから白山への登山届提出が義務化されています。対象は火口から半径4km以内に入る登山者で、名前や住所、登山の期間・行程、緊急連絡先、飲料水や食糧などの装備品の報告が必要です。無届けや虚偽の記載で入山した場合は罰金・罰則があるのでご注意ください。

インターネットからの提出も可能です。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/bousai/bousai_g/hakusan_kazan/jorei.html

山のことなら、アルピニストの野口健さんにおまかせ。実は野口さんも白山を愛する登山家の1人です。そこで野口さんに、白山の魅力について伺いました。読んだらすぐにでも白山に行きたくなること必至です!

白山の魅力は、と聞かれてまず思い浮かぶのは、五感で感じられる植生の豊かさです。特に初めて登ったときは、ヒマラヤから下山してまもなくだったこともあり、高山植物の匂いが印象的でした。氷河の中にいると匂いに飢えて、鼻が敏感になるんです。それは、命がないところには匂いが存在しないから。白山を歩きながら、命があるところに帰ってきた喜びをかみしめたことを思い出します。しかも、多彩な匂いがある。湿原があるかと思えば、御前峰から下ったところにはいくつもの池が点在するポイントもあるし、歩いていると景色の変化が多いのが面白いところ。写真を撮る人にとっては絶好の撮影スポットだと思いますよ。美しい高山植物の種類も豊富ですしね。
植物の美しさがすっと心に染み入ってくるのは、ゴミが落ちていないということもあります。特に、地元の登山者は白山に敬意を抱いているので、ゴミを見たらサッと拾うんです。しかも、自分たちで持ち込んだものだけでなく、登山中に購入したものの包み紙やビニール袋まで持ち帰るのが習わし。白山を神体山として祀る白山比咩神社によると、おそらく日本で最初に清掃運動を始めた山が白山だろうという話でした。

白山に登る野口さん。観光地化しておらず、純粋に登山を楽しめる雰囲気も魅力と話す

1300年前に開山するずっと前から、信仰の対象として暮らしのなかにあったというストーリーがある白山。地元の人たちが山に対して特別な想いを抱いていることは、登山中、すれ違う人に「ようこそ」の言葉をかけてもらえることからもよくわかります。「私たちの山へようこそ」。その気持ちがあるからこそ、美しい自然をみんなで守っているし、白山もそれに応えるかのように登山者を温かく迎え入れてくれている気がします。 登るなら断然、初夏がおすすめですね。盛夏になる前のほうが植物の種類も多いから、歩いていて楽しいと思いますよ。それと、山登りって一般的には晴れている日が望ましいものですが、白山の場合、雨が降っていても楽しめるのが特徴です。湿原のポイントだと特に美しいし、霞がかった景色はとても神秘的ですよ。 それから、山頂ではみんな静かにご来光を待っているところにも好感をもっています。大騒ぎしている人が一人もいない。こんなところも、白山が長い歴史のなかで霊峰として敬われてきたんだなと感じる瞬間です。

野口さんいわく、親子での登山もおすすめとのこと。白山での親子登山も企画しているそうなのでぜひ一緒に登頂してみては?


山頂からご来光を拝む。「白山には絶対的な存在はないが、さりげなく素敵なものがあるんです」と野口さん

詳しくはこちらもチェック!

ぐるっと白山1300年特設サイト
http://www.g-hakusan.gr.jp/

登山ルートの詳細や周辺観光情報も!「まっぷる白山」



コラム一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • (function(d) {var s = d.createElement('script'); s.type = 'text/javascript'; s.async = true;s.src = '//static.mixi.jp/js/plugins.js#lang=ja';d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s);})(document);
[post_title] => アルピニスト野口健さんもおすすめ!開山1300年!パワースポット白山に行こう [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%94%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e9%87%8e%e5%8f%a3%e5%81%a5%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%82%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%ef%bc%81%e9%96%8b%e5%b1%b11300%e5%b9%b4%ef%bc%81 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-03-29 14:09:50 [post_modified_gmt] => 2019-03-29 05:09:50 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://dev.mapple.co.jp/blog/1318/ [menu_order] => 0 [post_type] => blog [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) -->
ブランド・シリーズ一覧へ戻る