最新情報

株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)とその子会社である株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、さんぽの達人清野 博氏を著者に迎えた散歩本『横浜・鎌倉半日さんぽ』を、2021年8月25日より発売しますことをお知らせいたします。
本書は昨年11月に発売し好評の『東京半日さんぽ』に続くシリーズ第二弾となります。第一弾同様、王道過ぎない、隠れた横浜・鎌倉、湘南エリアの楽しさを再発見、というコンセプトの下、定番コースとはひと味違う、大人のための散歩ガイドに仕上げました。

<表紙>

)) 本書の特長 ((

本書は1~2時間くらいで回れるコースを厳選。コースを少し離れて気ままに立ち寄っても半日で気軽に、そして、お金をかけずに楽しめるとっておきの散歩コースを40ご紹介しています。
休日に、歩いて、見て、知って、ちょっぴり心がリッチになるプチ徒歩旅行ガイドの決定版です。
ポケットに入る新書判の判型で、持ち運びも楽。仕事でも遊びでもちょっとした用事の際も、ページをめくればたちまち素敵なおさんぽが始まります♪

<赤レンガ倉庫から山下公園へ>

|| 著者プロフィール
清野 博
(せいの ひろし)
昭和22(1947)年、山形市生まれ。業界紙編集者などを経て、フリーのライター、編集者として活動。
趣味は散歩と蕎麦屋めぐりと電車。都内全線・全駅踏破をはじめ、路傍の樹木や石碑にまで精通し、知られざる町の歴史と魅力を語らせたらとどまることを知らない。
著書に『東京半日さんぽ』『忘れられたランドマーク―根岸競馬場一等スタンド―』がある。

)) 主な掲載コース・コラム例 ((

|| 第一章 川と海の風景を歩く
赤レンガ倉庫から山下公園へ[桜木町~山下公園]
金沢八景から野島公園へ[金沢八景~野島公園]
横浜港シンボルタワーに行く[本牧埠頭~山下公園] ほか

|| 第二章 開港時の横浜に出会う
山手の西洋館と港の見える丘公園・ワシン坂[山手]
村雨橋・瑞穂橋、神奈川台場跡へ[東神奈川]
神奈川宿の領事館跡をたどる[神奈川新町~神奈川] ほか

<神奈川宿の領事館跡をたどる>

|| 第三章 私鉄沿線ひと駅さんぽ
日吉と綱島の憩いの公園からかつての温泉街を歩く[東急東横線/日吉駅~綱島駅]
トンネルに近い駅を出て野毛山への坂を上る[京急線/日ノ出町駅~黄金町駅]
横浜駅西口、発展の軌跡 畠山重忠の二俣川の戦いの跡[相鉄線/鶴ケ峰駅~二俣川駅] ほか

<横浜駅西口、発展の軌跡 畠山重忠の二俣川の戦いの跡>

|| 第四章 知られざる鎌倉の道を歩く
和田塚から由比ガ浜・一ノ鳥居へ[和田塚~由比ガ浜]
90年ぶりに復興した山門[英勝寺~白水荘跡地]
頼朝を訪ねて金沢街道へ[金沢街道~鶴岡八幡宮] ほか

|| 第五章 知らない町を歩きたい
「花月園」遊園地跡から總持寺へ[鶴見]
金沢文庫と称名寺、海の公園へ[金沢文庫~金沢八景]
三溪園から神奈川臨海鉄道へ[本牧~桜木町] ほか

|| COLUMN
葉山の朝市から森戸海岸へ
鎌倉の切通し
横浜はじめて物語
鎌倉の<山>を楽しむ

<COLUMN「葉山の朝市から森戸海岸へ」>

)) 商品概要 ((

商品名  : 『横浜・鎌倉半日さんぽ』
体裁・頁数: 新書判、本体256頁
発売日  : 2021年8月25日
全国の主要書店・一部コンビニエンスストアで販売
定価   : 1,210円(本体1,100円+税10%)
出版社  : 株式会社 昭文社


■ メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社ホールディングス 広報担当 竹内(たけうち)、張(ちょう)
TEL:03-3556-8271
※メディア関係の方向け専用番号となります。一般のお問い合わせはナビダイヤル0570-002060、PHS・IP電話などナビダイヤルに繋がらない場合は03-3556-8132までお問い合わせください(平日9:00~17:00、年末年始、弊社休業日を除く)。
メディア関係の方専用メールアドレス:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■ 当社商品に関すること、掲載内容に関すること、その他お問い合わせ全般はこちらにてお受けしております。

昭文社ホールディングス・グループホームページ  https://www.mapple.co.jp/