最新情報

株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)とその子会社である株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、<大正の広重>と称された稀代の鳥瞰図絵師・吉田初三郎の作品を集めた『吉田初三郎鳥瞰図集』を、2021年4月20日より発売しますことをお知らせいたします。

<表紙>

<代表誌面1>

<代表誌面2>


)) 商品の特長 ((

|| 吉田初三郎は、鉄道会社や新聞社、自治体、地域の観光協会、旅館やホテルなど宿泊施設の依頼を受け、観光案内用の鳥瞰図を数多く制作。日本のあらゆる都市を描き、数千点の作品を残しました。

|| 綿密な取材に基づく精緻な描写、清涼さが漲る鮮やかな色使い、テーマ全体を過不足なく入れ込む大胆な構図など、いま見ても斬新で目を奪われます。

|| 都道府県の初耳秘話やトリビアを満載したマップエンターテインメント企画本「トリセツ」シリーズで吉田初三郎の鳥瞰図を毎回掲載してきた昭文社編集部が、初三郎の独特の筆致が堪能できる鳥瞰図集を新たに企画、その傑作の数々を一冊に凝縮しました。近年ますます評価の高まる吉田初三郎の決定版画集として、自信を持ってお届けします。

|| 初三郎の描く鳥瞰図は「鳥の目」といいながら、その独特の視点とデフォルメぶり、見えないはずの遠方の地点の描き込み等々、見る者を異次元の境地へと誘う強烈な魅力があります。

|| 彼が活躍した時代は、ちょうど日本の鉄道、道路、航路などの交通網が次々と整備され、近代国家としての体裁が整い始めて、一般の方が観光に興味を持ち始めた頃でした。そんな100年前の日本の息吹、人々の観光ニーズを感じていただける一冊ともなっています。

)) 主な掲載絵図 ((

『旭川市を中心とせる名所交通鳥瞰圖』

『札幌市鳥瞰圖』

『十和田湖鳥瞰圖』

『釜石市街鳥瞰図圖』

『觀光の宮城縣 觀光の宮城縣圖繪』

『観光の荘内 庄内交通路線案内鳥瞰圖』

『日光名所圖繪』

『大銚子遊覧鳥瞰図絵』

『関東震災全地域鳥瞰圖繪』⇒誌面ギャラリー欄にて掲載

『目黒蒲田電鉄・東京横浜電鉄:沿線名所案内』

『京王電車沿線名所圖繪』

『箱根名所圖繪』

『神奈川縣觀光圖繪』

『湘南電鐵沿線名所圖繪』

『佐渡商船會社航路案内』

『金澤市鳥瞰圖』

『富士身延鐡道沿線名所鳥瞰圖』

『善光寺から上林温泉仙壽閣へ御案内』

『岐阜名勝萬松館圖繪』

『陶都・多治見を中心とせる名所交通鳥瞰圖』

『日本ライン名所圖繪』

『本郡第一の河川美 彩雲閣を中心とせる日本ライン名所圖繪』

『大名古屋名勝交通鳥瞰圖』

『東海唯一の清遊郷浦辺郡常磐館圖繪』

『日本ラインを中心とせる名古屋鐡道沿線名所圖繪』

『伊勢街道参宮御名所圖繪』

『琵琶湖遊覧御案内(琵琶湖名所鳥瞰図)』

『京阪電車御案内』⇒代表誌面1として本ニュースリリースにて掲載

『比叡山名所遊覧交通鳥瞰圖繪』

『宮津橋立名所圖繪』

『大丸を中心とせる京都名所案内鳥瞰圖:御大禮記念』

『醍醐山の聖蹟を中心とせる交通圖』

『近畿東海大圖絵』⇒代表誌面2として本ニュースリリースにて掲載

『近畿を中心とした名勝交通大鳥瞰圖』

『電氣大博覽會會場全景圖繪.大大阪市街電鐵路線圖.三電力送電線路圖;郊外電鐵線路圖』

『歴代御陵巡拝圖繪』⇒誌面ギャラリー欄にて掲載

『神戸有馬電鐵沿線名所交通圖』

『法隆寺名所圖繪』

『信貴山名所図絵(内題)大軌信貴山電鉄交通図絵』

『白濱湯崎温泉鳥瞰圖』

『宮島廣島名所交通圖繪』

)) 誌面ギャラリー ((

『関東震災全地域鳥瞰圖繪』

<『関東震災全地域鳥瞰圖繪』解説>

<『関東震災全地域鳥瞰圖繪』東京下町付近拡大図および震災後の一年間>

<『関東震災全地域鳥瞰圖繪』本図>

 

『歴代御陵巡拝圖繪』

<『歴代御陵巡拝圖繪』解説>

<『歴代御陵巡拝圖繪』京都市付近拡大図>

<『歴代御陵巡拝圖繪』本図>

)) 商品概要 ((

商品名  : 『吉田初三郎鳥瞰図集』
体裁・頁数: BA判(縦257ミリ×横297ミリ)、本体112頁
発売日  : 2021年4月20日
全国の主要書店で販売
定価   : 3,520円(本体3,200円+税10%)
出版社  : 株式会社 昭文社


■ メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社ホールディングス 広報担当 竹内(たけうち)、張(ちょう)
TEL:03-3556-8271
※メディア関係の方向け専用番号となります。一般のお問い合わせはナビダイヤル0570-002060、PHS・IP電話などナビダイヤルに繋がらない場合は03-3556-8132までお問い合わせください(平日9:00~17:00、年末年始、弊社休業日を除く)。
メディア関係の方専用メールアドレス:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■ 当社商品に関することなど一般のお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホールディングス・グループホームページ  https://www.mapple.co.jp/