最新情報

株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)とその子会社である株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、マップエンターテインメント企画本『長野のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話』を、2021年1月28日より発売しますことをお知らせいたします。

地元の支持率高い「トリセツシリーズ」の最新刊となる本書は、信州・長野県を取り上げ、地形や地質、鉄道、歴史、文化と産業など多彩な魅力を地図で読み解きながら、信州のさまざまな一面を探っていきます。

<表紙>


)
) 本書の概要 ((

シリーズ共通の構成を用いて、「絶景『空撮』グラビア」+「地図で読み解く長野の大地」「長野を駆け抜ける鉄道網」「長野で動いた歴史の瞬間」「長野で育まれた産業や文化」の4章立てとなる本書は、40個以上の小テーマから、長野の素顔に迫ります。地元民が親しみやすいご当地ネタが満載のほか、全国的に名が知り渡っている長野の<あれこれ>も収録している、読み応えのある一冊となっています。

)) 本書の注目記事 ((

|| 地形編⇒対照的な地形と海時代の証拠/急崖と川が守る上田城の強さ
・日本の屋根とも呼ばれる「日本アルプス」がそびえる長野には、8割超を占める山地と、対照的な盆地地形も発達しています。その一方、臨海地がまったくない「 海なし県」の長野にも、あらゆる場所に海洋生物の化石が刻み込まれて、かつて海があった確かな証拠も発見されています。
・徳川を二度破った真田家の堅城上田城。この城での防衛戦は、真田家の知略に長けた戦いを現代に伝えています。考え抜いて築かれた上田城の強さには、地形や地質も深く関与しています。

<「対照的な地形と海時代の証拠」ページ例>

<「急崖と川が守る上田城の強さ」ページ例>

|| 交通網編⇒北陸新幹線らしい特徴とは/JR 最高点をいく小海線の魅力
・長野行新幹線として産声を上げた北陸新幹線は、ほかの新幹線にない問題を抱えていました。それを克服するため、設備や車両は特別な仕様が施されています。
・高原鉄道の趣がある小海線は、JR 線でもっとも標高が高い場所を走る路線として知られています。ところで海なし県の長野にあって、「海」の文字が入った小海線という名称は、なぜ付けられたのでしょうか?

<「北陸新幹線らしい特徴とは」ページ例>

<「JR最高点をいく小海線の魅力」ページ例>

|| 歴史編⇒二大英雄が激戦を演じた川中島/松本城が直面した取り壊しの危機
・戦国大名甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信。両雄が直接対決した合戦は「川中島の戦い」の名で知られています。そもそも北信の川中島で激突することになったわけとは?
・地元のシンボルとして親しまれる国宝・松本城。実は明治維新の直後に全国のほかの城と同様、取り壊しが決まっていましたが、多くの松本の市民たちが働きかけ、募金や私費を投じたことによって、解体の危機から救われました。

<「二大英雄が激戦を演じた川中島」ページ例>

<「松本城が直面した取り壊しの危機」ページ例>

|| 産業・文化⇒天体観測の聖地は長野にあり
・森林面積が県の約8 割を占め、県内の標高が平均1,000mを超える長野県は、天体観測にはもってこいの条件が整っています。そのため、天文好きに魅力いっぱいの天体観測施設がたくさんあります。長野県はまさに「宇宙県」と呼ぶにふさわしい県なのです。

<「天体観測の聖地は長野にあり」ページ例>

)) 主な特集 ((

|| 巻頭:絶景グラビア 空から見た長野県
長野県の全77 市町村マップ|長野県の鉄道路線図
長野県の主要道路地図|長野県3D 鳥瞰図
|| Part.1:地図で読み解く長野の大地
|| Part.2:長野を駆け抜ける鉄道網
|| Part.3:長野で動いた歴史の瞬間
|| Part.4:長野で育まれた産業や文化
|| Column:
データでわかる全77 市町村vol.1 人口|データでわかる全77 市町村vol.2 所得|データでわかる全77 市町村vol.3 農業
|| 吉田初三郎が描いた長野県の鳥瞰図|城絵図で読み解く長野県の城と城下|未来食!伊那の昆虫食

<目次>

<吉田初三郎が描いた長野県の鳥瞰図>

)) 商品概要 ((

商品名    : 『長野のトリセツ』
体裁・頁数  : B5 変判、本体128 頁
発売日    : 2021 年1 月28 日
全国の主要書店で販売
定価     : 1,400 円+税
出版社    : 株式会社 昭文社

【参考情報】
||「トリセツ」シリーズ既刊本の販売状況
2019年9月に『神奈川のトリセツ』を発売以来、これまでに14点刊行※いたしました。地元紙に紹介されたほか、各書店のランキングでも上位に進出、Amazonや楽天ブックスでもたびたび品切れとなるなど、既刊の地域にて密かにブームを呼んでいます。
※:2021年1月末現在

||「トリセツ」シリーズの特徴
・各都道府県を1 冊丸ごと取り上げ、地図を読み解きながら、地形や地質、歴史、文化、産業など特徴と魅力を紹介。
・知られていないトリビアをクローズアップし、読み物としてのおもしろさを追求。
・ローカル色が強い地域の<もう一面>に着目し、地元民に身近な地域をさらに好きになっていただける内容を提供。

|| コーポレートサイトにて、トリセツシリーズコラムを公開しております。下記よりご覧ください。
「『トリセツ』シリーズのトリセツ!?知っているようで知らない都道府県トリビア」
https://www.mapple.co.jp/9576/


■ メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社ホールディングス 広報担当 竹内(たけうち)、張(ちょう)
TEL:03-3556-8271
※メディア関係の方向け専用番号となります。一般のお問い合わせはナビダイヤル0570-002060、PHS・IP電話などナビダイヤルに繋がらない場合は03-3556-8132までお問い合わせください(平日9:00~17:00、年末年始、弊社休業日を除く)。
E-mail:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■ 当社商品に関することなど一般のお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホールディングス・グループホームページ  https://www.mapple.co.jp/