1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 一冊で何度でも楽しめる ちょっと贅沢な週末旅 『日帰り 大人の小さな旅』 3タイトル新発売 首都圏エリアをさらに深掘り、人気の札幌・京阪神エリアを追加
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2017年3月 2日
株式会社 昭文社

一冊で何度でも楽しめる ちょっと贅沢な週末旅
『日帰り 大人の小さな旅』 3タイトル新発売
首都圏エリアをさらに深掘り、人気の札幌・京阪神エリアを追加

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、思い立ったらすぐ行ける、大人のおでかけを提案するガイドブック『日帰り 大人の小さな旅』シリーズの続刊として、『札幌発 日帰り 大人の小さな旅』を3月15日より、『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 vol.2』『京阪神発 日帰り 大人の小さな旅』を3月16日より、それぞれの地域の書店等で発売いたします。
otonatabi_sapporo_page1.jpg otonatabi_keihan_page1.jpg

otonatabi_syuto_page1.jpg

<『日帰り 大人の小さな旅』札幌発(左)、首都圏発 vol.2(中央)、京阪神発(右)のページ例>

■日帰り旅ブームを生み出した大人のガイドブック
 2016年3月に発売した『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅』は、「思い立ったらすぐ行ける」「ちょっとした発見がある」「おしゃれでちょっと贅沢」をコンセプトにした、大人の好奇心を満たすおでかけを提案するガイドブックです。「日帰り」と「大人」にフォーカスしたコンパクトで上質な旅の案内が好評で、10万部を超えるベストセラーとなり、シリーズを拡張してきました。
 このたび、新しいエリアをご紹介する『札幌発 日帰り 大人の小さな旅』『京阪神発 日帰り 大人の小さな旅』、さらに続刊のご要望にお応えして『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 vol.2』を発売いたします。人気の観光スポットも、新たな切り口や楽しみ方をご提案しているので、その地域にお住まいの方も旅行好きの方もご満足いただける内容です。また、出発地を起点として複数スポットをご紹介しているので、一冊あれば何度でもおでかけを楽しんでいただけます。
otonatabi_sapporo_hyoshi.jpg otonatabi_syuto_hyoshi.jpg otonatabi_keihan_hyoshi.jpg
<札幌発(左)、首都圏発 vol.2(中央)、京阪神発(右)の表紙>
 
●『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 vol.2』の特長
 本誌は、第一弾の「思い立ったらすぐ行ける、好奇心をくすぐる少し贅沢な旅」というポリシーはそのままに、読者に人気があった鎌倉富士山の絶景めぐりなどを切り口を変えてさらに深掘りし、新たに話題のエリアを加えることで、より充実した旅の情報をお届けします。街めぐり特集では話題の「迎賓館 赤坂離宮」をはじめ、歴史や文化に触れるおでかけを紹介しています。また、旅の目的にふさわしいグルメ情報を増やし、「神楽坂×フレンチ」や「北杜×そば」など幅広い8エリアを収録しました。「大人の遠足」特集では、自然やアート、絶景に加えて、会話やお酒も楽しめる特急列車の旅も紹介しています。
otonatabi_syuto_page2.jpg otonatabi_syuto_page3.jpg otonatabi_syuto_page4.jpg
<赤坂・四ツ谷 迎賓館 赤坂離宮> <北杜×そば>

<特急列車で行く 小田原>


●『札幌発 日帰り 大人の小さな旅』の特長
 観光地・札幌を旅の起点とする本誌では、他のガイドブックではなかなか登場しない地元で人気のディープなスポットにも注目しています。札幌にお住まいの方だけでなく、2度目3度目の札幌旅をアレンジする旅行者の方にもご活用いただけます。「大人の街めぐり」では、北海道らしい並木道が広がる月寒や、老舗と新店が入り混じるディープな狸小路など札幌を中心に散策が楽しめるエリアを多彩に紹介。「大人の遠足」では、リピーターが多い富良野・ラベンダー畑や、手づくりの木工品のぬくもりに触れる東川・クラフト街道など雄大な自然や歴史に触れられる旅を集めました。グルメ特集では、夏の「積丹×ウニ」、秋の「むかわ×ししゃも」など、その時季にその土地でしか味わえない行列必至の味を厳選しています。

otonatabi_sapporo_page2.jpg otonatabi_sapporo_page3.jpg otonatabi_sapporo_page4.jpg
<札幌 月寒> <東川 クラフト街道> <むかわ×ししゃも>
 
●『京阪神発 日帰り 大人の小さな旅』の特長
 本誌では、観光スポット豊富な京阪神エリアのおでかけを、4つの柱を中心に新たな目線で紹介します。「話題あふれる、旬な旅」では、身近なリゾート地・六甲や、式年造替を終えた春日大社に注目が集まる奈良など「今行くべき旅」を。「新たな発見、まち歩き」では伝統とモダンのアートが共存する岡崎・平安神宮や、古民家が連なる大阪・空堀(からほり)など街の個性を。「小さな探検、ぶらり旅」では、無人島で遊ぶ和歌山の加太・友ヶ島や、名水と豊かな自然に触れる奈良・洞川(どろがわ)など非日常の体験を。「大人のグルメ極め旅」では、豊潤な海の恵みをいただく「淡路島×魚介」や、香り豊かな「河内×ワイン」などわざわざ出かけたくなるグルメをそれぞれ紹介します。
otonatabi_keihan_page2.jpg otonatabi_keihan_page3.jpg otonatabi_keihan_page4.jpg
<リゾート地・六甲> <大阪・空堀> <無人島 加太・友ヶ島>


■商品概要
商品名:『札幌発 日帰り 大人の小さな旅』
発売日:2017年3月15日
価格:本体900円+税
体裁・頁数:A4判、112頁

商品名:『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 vol.2』
発売日:2017年3月16日
価格:本体900円+税
体裁・頁数:A4判、112頁

商品名:『京阪神発 日帰り 大人の小さな旅』
発売日:2017年3月16日
価格:本体900円+税
体裁・頁数:A4判、112頁


【参考情報】
 現在発売中の同ガイドブックシリーズもご紹介します。

hyoushi_higaeri1.jpg higaeri_nagoya_hyoshi.jpg higaeri_fuku_hyoshi.jpg
<首都圏発 特別編集①(左)、名古屋・東海版(中央)、福岡発(右)>

商品名:『首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 特別編集①』
発売日:2016年9月16日
価格:本体900円+税
体裁・頁数:A4判・96頁

商品名:『名古屋・東海版 日帰り 大人の小さな旅』
発売日:2016年10月13日
価格:本体900円+税 
体裁・頁数:A4判・112頁

商品名:『福岡発 日帰り 大人の小さな旅』
発売日:2016年10月13日
定価:本体900円+税
体裁・頁数:A4判・112頁

 

【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271/FAX:03-3556-8168

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ