1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 地方や体験重視の傾向が如実に 当社独自!訪日客向けFB人気ランキング2016 外国人マーケターによる2017年ヒット予測も
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2017年2月16日
株式会社 昭文社

地方や体験重視の傾向が如実に
当社独自!訪日客向けFB人気ランキング2016
外国人マーケターによる2017年ヒット予測も

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向けの日本観光情報を発信するブランド「DiGJAPAN!(ディグジャパン)」が運用するFacebook投稿へのリアクションを独自分析し、2016年の国別の傾向・人気ランキングおよび2017年ヒット予測を発表します。
 

likeRanking2016_top.jpg

■現地出身スタッフが運用するブランドならではの独自分析結果
 「DiGJAPAN!(ディグジャパン)」では、訪日外国人観光客に人気の定番観光スポットはもちろん、国ごとに異なる観光ニーズや、体験などの「コト消費」、日本各地の知られざる観光スポットにこだわり、現地出身スタッフが企画・取材した情報を発信しています。
今回のランキングからは、大きく3つの傾向が読み取れました(詳細は末尾参考資料欄に記載)
 
 
●人気の都市は東京から大阪・関西へ
●お買い物より「日本でしかできない」体験が人気
●アジア圏(特に台湾)では、日本とほぼ同時に流行、タイムラグが少ない
 
 
 関西国際空港の利用者増などを裏付けるように、当社の集積した情報でも具体的に商店街やご当地グルメなどディープな大阪を楽しみたいと考えている方が多いことが分かりました。今後も大阪を基点として関西の広いエリアに訪日客が広がっていくと考えられます。
 「爆買い」は一段落しましたが、個人旅行(FIT)においては、一概に体験といってもコスパも非常に重視されています。和食がリーズナブルに食べられるお店に行くことや、日本文化を無料で体験できる施設なども注目を集めています。
 物理的な距離が近く、リピーターの多いアジア圏では、日本で流行したことがそのまま現地でも話題なるほどタイムラグが少なくなっています。日本で話題の場所には、日本人も訪日客も集まるということが当たり前になっていきそうです。
 
■2017年ヒット予測
 2017年のインバウンドではどんなことが流行するのか、2016年のヒットランキングと、当社在籍の各国マーケターの意見を加えて、DiGJAPAN!オリジナルの予測をまとめました。

 
●訪日客も聖地巡礼!地方を目指す動きが顕著に
●ぷるぷる、ふわふわ、もちもち、特徴的な新食感がブーム
●お買い物は「大容量」で「自分用」が定着か?

 
 アニメの舞台や映画のロケ地をめぐる聖地巡礼は、日本国内でもブームですが、訪日客の間でも大変な人気になっています。特に日本のアニメの熱狂的なファンは各国に多く、アニメの舞台で結婚式用の写真を撮る人もいるほどです。中国では「名探偵コナン」、台湾では「スラムダンク」、タイでは「ワンピース」など国によって好まれるアニメや映画は異なりますが、2017年の注目は映画「君の名は。」です。2016年に日本で公開され大きな社会現象となった本作ですが2017年にも世界各地で順次公開予定です。DiGJAPAN!でもすでに「君の名は。」に関連したイベントやカフェをご紹介し「行きたい」「見たい」というリアクションを得ています。
 
 日本のお菓子や飲食物は、今までにない食感が体験できるものが、訪日客の熱い視線を集めています。2014年に発売された果汁100%のソフトキャンディの「コロロ」は、見た目の可愛らしさと、本物の果物を食べているような食感がおもしろいと評判で、10個20個とまとめ買いする訪日客が多くいます。また、お皿の上でふるふる震えるほど繊細なスフレパンケーキなど、食感が重視された食べ物がトレンドの兆しを見せています。
 
 観光のメインは「お買い物」から「体験」に移ってきたとはいえ、お買い物は旅の重要な要素であることは変わりません。最近の傾向としては、コスパが良く大容量のコスメや薬品をまとめて購入する訪日客が増えてきています。これは、リピーターが自分用に購入しているので、コスパを重視し、次来るときまで使用できるよう大容量のものを選んでいるようです。普段使いの化粧水などを自分用に買うということは訪日旅行をリピートする可能性が高いともいえます。お土産の購入においても、自分用、友達のばらまき用、家族用とそれぞれに異なるニーズが出てくることになりそうです。
 
 
 DiGJAPAN!では今後も、まだ知られていない日本の魅力や最新トレンドを各国のニーズに合わせて発信していきます。また同時に、企業や自治体向けに訪日誘客のお手伝いをしていきます。

DiGJAPAN!訪日誘客サービス お問い合わせ先
昭文社 グローバル事業部メディアマーケティング課 大野・井上
電話:03-3556-8159
WEBからのお問合せ⇒ https://digjapan.travel/apply/

【調査概要】
調査対象:DiGJAPAN!台湾、DiGJAPAN!タイ、DiGJAPAN!英語、DiGJAPAN!韓国、DiGJAPAN!シンガポール、DiGJAPAN!インドネシア、それぞれのFacebookページに投稿された2,072本の記事についた「いいね!」数を、国別にランキング
調査期間:2016年1月~11月
DiGJAPAN!のFacebookページ一覧:
http://www.mapple.co.jp/mapple/product/#mapplesocialmedia



【参考資料 国別人気記事ランキング 詳細】
■台湾・香港向け
1位:大阪 ホテル ユニバーサル ポートの「ミニオンルーム」宿泊レポート
2位:大阪 黒門市場の食べ歩き案内
3位:大阪 日本一長い天神橋筋商店街の案内
4位:浅草 世界一濃い抹茶ジェラートレポート
5位:鎌倉 台湾パワーブロガーによる鎌倉モデルプラン
likeRanking2016_tw11.jpg likeRanking2016_tw2.jpg

■タイ向け
1位:横浜 ピカチュウパレードレポート
2位:大阪 ホテル ユニバーサル ポートの「ミニオンルーム」宿泊レポート
3位:全国 金運アップのパワースポット紹介
4位:浅草 世界一濃い抹茶ジェラートレポート
5位:マツモトキヨシ スタッフオススメの薬品7選
likeRanking2016_th1.jpg likeRanking2016_th2.jpg

■欧米向け
1位:日本のバレンタインの説明(動画)
2位:茨城 大洗神社の紹介
3位:寿司作りキットの紹介(動画)
4位:宮城 船岡城址公園の桜の紹介
5位:日本酒キットカットの紹介

likeRanking2016_en1.jpg
likeRanking2016_en2.jpg

■韓国向け
1位:Amazonで買えるドラッグストアの人気商品
2位:大阪 日帰り温泉5選
3位:リラックマ 新キャラクター・チャイロイコグマの紹介
4位:神戸 壷プリンの紹介
5位:日本酒キットカットの紹介
likeRanking2016_korea1.jpg likeRanking2016_korea2.jpg

■シンガポール向け
1位:抹茶カクテルの楽しみ方(動画)
2位:宮城 船岡城址公園の桜の紹介
3位:新宿 ニュウマンオープン
4位:富山 ドラえもんトラム紹介
5位:飴細工の紹介(動画)

likeRanking2016_sin1.jpg
likeRanking2016_sin2.jpg

■インドネシア向け
1位:くまモンパッケージのくまもと茶キットカット
2位:大阪 道頓堀コナモンミュージアムの紹介
3位:伊豆 河津桜の紹介
4位:軽井沢 イルミネーションの紹介
5位:ハラル対応おせち料理の紹介
likeRanking2016_ind1.jpg likeRanking2016_ind2.jpg


■DiGJAPAN!とは?
 「DiGJAPAN!」は、当社のインバウンド事業における訪日外国人観光客向けサービスブランドで、英語、韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語、タイ語、日本語など多言語に対応し、アプリやWEBサイト、BtoBサービスなど幅広く展開しています。無料の訪日外国人観光客向けのスマートフォンアプリ「DiGJAPAN!」は現在60万ダウンロードを突破。DiGJAPAN!WEBサイトは月間50万ユーザー、各国向けのFacebook、WeChat、NAVERは全世界で約88万人のファンを集めており、外国人旅行者に人気の訪日インバウンド専門メディアです。
likeRanking2016_apps.jpg
 
「DiGJAPAN!」アプリについて⇒ http://www.mapple.co.jp/digjapan/biz/
日本旅行情報WEBサイト「DiGJAPAN!」⇒ https://digjapan.travel/
訪日誘客をご検討の方向け⇒ http://digjapan.jp/
 

【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271/FAX:03-3556-8168

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ