MAPPLE×新しいスタイル

コラム トリビア 本の紹介

家の中で過ごす時間が長いこの春。これを機に地図の世界に飛び込んでみませんか?単に目標地点への到達ツールだけではなく、地図は住んでいる街の意外な一面、いつかは行ってみたい地域のトリビアも語ってくれるのです。そこで今回は、地図屋ならではの知恵を絞った、地図で紐解く都道府県の「トリセツ」シリーズをご紹介します!

MAPPLEサポーター コラム 昭文社のCSR・社会貢献

「女児暴行事件」- 昨今の小中学生を取り巻く痛ましい事件や過失事故。全校児童の安全な登下校には、先生方だけでなく生徒自身の防犯意識や、PTA・地域住民の協力が欠かせません。全員が同じ意識を持つための共有化ツールとして茨城県守谷市立守谷小学校、吉田克也副校長が選んだのは昭文社の「スーパーマップル・デジタル」でした。

MAPPLEサポーター コラム 昭文社のCSR・社会貢献

吉田先生が教員となり、通学路安全管理を担当するまでには、様々な“意外な”ストーリーがありました。 守谷小副校長 吉田克也先生に一問一答スタイルでお聞きしました! 「新潟~千葉~茨城 吉田先生の“意外だらけの?”教員ヒストリー」 こちらもご覧ください。

MAPPLEの新商品紹介 旬のスポットに行ってみた!

これは、平成初期に実際に販売していた東京の地図を見ながら、平成最後の街並みを歩いてみたら、どんな発見があるかを探るドキュメンタリードラマです。主人公は、昭文社広報担当・ワタル。地図マニア歴40年、地図とともに駆け抜けた平成の世、最後に見えた景色とは……! 東京チズストーリー、始まります。