サービス

道路ネットワークデータ

Webサイトのルート検索、スマートフォン・アプリなどでの歩行者ナビに

昭文社が独自に調査した歩行者専用のネットワークデータです。
歩行者がスムーズに目的地へ到達できるよう工夫されています。
Webサイトでのルート検索サービス、スマートフォン・アプリなどでの歩行者ナビゲーションなどに、MAPPLEデジタル地図データと組み合わせてご活用ください。

スムーズに目的地へたどりつける工夫

駅のコンコース、地下街、歩道橋、横断歩道などの歩行者が通行可能なルートのみで構成された、歩行者専用のネットワークデータです。
自動車専用道路や横断禁止道路など、歩行者にとって危険な道路をルートから外し、かわりに駅やビル内の通り抜け、公園内の徒歩道路などを採用することで、歩行者がスムーズに目的地へたどりつけるよう工夫されています。
さらに高精度なナビゲーションを可能にするため、以下の項目を整備しています。

■屋根のある歩行者通路(雨にぬれにくい)
■エレベーター
■エスカレーター(グループ線情報でエスカレーター方向保有)
■スロープ
■通り名情報(グループ線情報)

道路種別

歩行者ネットワークデータ

有料道路・国道・主要地方道・一般県道・主要道・一般道・構内道(通行可)・構内道(団地)
歩行者道路・屋根あり・踏切・歩道橋・無料渡船・階段・アーケードなど

ナビゲーション例

歩行者ネットワークデータでは、A’地点を出発した後、JR新宿駅を経由した最短ルートでC’地点へ到達しています。
また、歩行者ネットワークでは、幅員の広い道路は歩道を経路として利用し、横断可能な横断歩道や歩道橋などでつないでいるので、歩行者のみが通行可能な経路を案内することができます。
公園内の通路や団地内道路など歩行者ナビゲーションにおいて有効な通路も収録しています。

データフォーマット/その他

昭文社の独自フォーマット(MRXフォーマット:バイナリ形式)の図形データと、図形とリンクした属性データおよび各種定義ファイルをご提供いたします。

■整備エリア・ご提供単位

歩行者ネットワークデータ 全国約1200市町村の主要部 整備

この商品に対するお問い合わせ・資料請求

法人の資料請求・お問い合わせ