最新情報

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、東京都交通局のご協力のもと制作しました『ことりっぷ 都電荒川線さんぽ』を10月6日より発売いたします。

ことり都電荒川線さんぽ_帯あり.jpg

<『ことりっぷ 都電荒川線さんぽ』>

■『ことりっぷ 都電荒川線さんぽ』について   

 都電荒川線の30の停車場を9エリアに分けてご紹介。「学生の街の意外なお店」「癒しのカフェやスイーツの隠れ家的名店」 「荒川線の歴史」など、沿線の持つ独特の魅力が誌面から伝わって、思わず荒川線に乗ってさんぽに出たくなります。
 注目のテーマは「1日乗車券で都電荒川線さんぽ」「都電にゆられてゆるゆるさんぽ(早稲田~面影橋、学習院下~鬼子母神前、都電雑司ヶ谷~向原ほか)」「都電荒川線のあたたかい街へ(滝野川一丁目から栄町、梶原~小台、宮ノ前~町屋駅前ほか)」「熊野前からひと足のばして日暮里・舎人ライナーさんぽ」。
 初めてなのになつかしい。古いのに新しい。東京のもうひとつの楽しみ方が、きっと見つかります。

40-41.jpg 82-83.jpg

<都電を眺めながらお茶できるカフェ>

<『三ノ輪橋さんぽ』紹介ページ>

■『ことりっぷ』について     

 『ことりっぷ』は、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックで、累計発行部数1000万部を超える大人気シリーズです。2008年に創刊以来、旅好きな女性に圧倒的支持を頂いております。女子旅を誘客する自治体や鉄道会社・航空会社、女性向け商品のメーカーなどとのコラボレーションも多数展開しているブランドです。

1000万部ロゴ.jpg
新ことりっぷ4冊.jpg

■商品概要

【商品名】ことりっぷ 都電荒川線さんぽ
【定価】本体800円+税 
【体裁】A5変型(縦180ミリ×横148ミリ) 
【頁数】112頁

ご参考】『ことりっぷ』シリーズ 国内版既刊商品ラインナップ(2014年9月現在)

■国内版 50点(定価:各800円+税)
1. 札幌・小樽 ニセコ・旭山動物園
2. 富良野・美瑛 札幌・旭山動物園
3. 知床・阿寒 釧路湿原
4. 函館
5. 弘前 津軽・白神山地
6. 十和田・奥入瀬 弘前・青森・恐山 
7. 角館・盛岡 平泉・花巻・遠野
8. 仙台 松島・平泉
9. 会津・磐梯 喜多方・大内宿
10. 日光・奥鬼怒
11. 伊香保・草津 群馬
12. 千葉・房総
13. 東京
14. 横浜 中華街
15. 鎌倉 湘南・葉山
16. 横須賀 三浦半島
17. 箱根
18. 伊豆
19. 小笠原 伊豆大島・八丈島
20. 河口湖・山中湖 富士山・勝沼
21. 軽井沢
22. 小布施・長野 戸隠・湯田中渋温泉
23. 安曇野・上高地・松本
24. 新潟・佐渡
25. 金沢 北陸
26. 飛騨高山・白川郷
27. 静岡・浜松
28. 名古屋
29. 伊勢・志摩


30. 滋賀・琵琶湖
31. 京都
32. 大阪
33. 神戸
34. 奈良・飛鳥
35. 南紀・熊野古道
36. 淡路島・鳴門
37. 城崎温泉 出石・豊岡
38. 鳥取 倉吉・米子
39. 松江・出雲 石見銀山
40. 広島・宮島
41. 倉敷・尾道・瀬戸内の島
42. 萩・津和野・下関
43. 四国
44. 香川 高松・小豆島
45. 福岡 門司港レトロ・柳川
46. 長崎 ハウステンボス
47. 由布院・黒川温泉 阿蘇・高千穂
48. 屋久島・鹿児島・霧島
49. 沖縄
50. 石垣・竹富・西表・宮古島

 ■さんぽ版 6点(定価:各800円+税)
  ●東京さんぽ
  ●伊豆さんぽ
  ●京都さんぽ
  ●沖縄さんぽ
  ●東急沿線さんぽ
  ●まちノート東京(定価:600円+税)

 


【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271
E-mail:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/