1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. まっぷるマガジン海外版に新エリアが登場! 『まっぷるフィリピン セブ島・マニラ』発売 ~年々増える観光客、ボラカイ島観光も再開した人気の国を大特集~
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2019年3月 5日
株式会社 昭文社

まっぷるマガジン海外版に新エリアが登場!
『まっぷるフィリピン セブ島・マニラ』発売
~年々増える観光客、ボラカイ島観光も再開した人気の国を大特集~

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、旅行ガイドブックシリーズ「まっぷるマガジン海外版」の新刊として、2019年3月8日より『まっぷるフィリピン セブ島・マニラを発売いたします。

hyoushi.jpg 26-27.jpg

<表紙>

<代表誌面>

■『まっぷるフィリピン セブ島・マニラ』の企画背景
 フィリピンを訪れる日本人観光客は年々増加傾向にあり、2017年は58万4180人と、前年(2016年)の53万5238人からおよそ5万人増加しています。
※ JNTO(日本政府観光局)の年別統計データ(各国・地域別 日本人訪問者数)より
 また人気観光地だったボラカイ島が、水質汚染が深刻化したことから2018年4月より半年間閉鎖されておりましたが、対策が進み、段階的に観光客の受け入れを再開しています。
 そうした背景から、本書を企画いたしました。

■フィリピンの主要な観光エリアを詳しく紹介!
 およそ7600以上もの島々からなるフィリピン。本書では、フィリピンに行ったら訪れたい観光スポットを、代表的なリゾートエリアセブ島、歴史とモダンが交錯するエネルギッシュな都市マニラ、幻想的な景観を誇るボホール島、最後の秘境とうたわれるパラワン諸島、そして世界的なビーチランキングで何度も上位に選ばれたボラカイ島と、島ごとに詳しく紹介しています。
 手つかずの大自然を擁するネイチャーリゾートと、城郭都市イントラムロスをはじめとするシティーリゾートの両方を楽しめます。


6-7.jpg

<フィリピン早分かりナビ>
 

■充実の巻頭特集でフィリピン観光を満喫!
 巻頭特集の「フィリピンHAPPYプラン」では、フィリピンの自然やリゾート、ローカルフードなどのハッピーな楽しみ方を以下の6つの特集でご提案しています。
●ネイチャー体験
●大人リゾートでリラックス
●PHOTOGENICスポット
●フィリピンごはん
●スーパーマーケットをチェック!
●クチコミPhilippines


10-11.jpg
<フィリピンHAPPYプラン>

■誌面ギャラリー

30-31.jpg 60-61.jpg 66-67.jpg

<「セブ島」ページ例>

<「ボホール島」ページ例>

<「マニラ」ページ例>

      98-99.jpg 102-103.jpg      
 

<「パラワン諸島」ページ例>

<「ボラカイ島」ページ例>

 

■商品概要
【商品名】『まっぷるフィリピン セブ島・マニラ
【体裁・頁数】AB判、112頁
【価格】本体1200円+税
【発売日】2019年3月8日

【ご参考】まっぷるマガジン海外版シリーズ 商品ラインアップ(2019年3月現在)
(◎はmini版も販売中)

●韓国 ソウル・釜山・済州島 ◎
●ソウル ◎
●プサン 慶州
●上海 蘇州
●香港 マカオ ◎
●台湾 ◎
●台北 ◎
●ベトナム ホーチミン・ハノイ ◎
●タイ・バンコク ◎
●マレーシア
●シンガポール ◎
●バリ島 ◎
●フィリピン セブ島・マニラ
●トルコ・イスタンブール
●ロンドン・イギリス
●パリ・フランス ◎
●イタリア ◎
●ドイツ ロマンティック街道
●ウィーン プラハ・ブダペスト
●スペイン
●ニューヨーク
●ロサンゼルス・サンフランシスコ サンノゼ
●ハワイ ◎
●ホノルル ◎
●グアム ◎
●オーストラリア
●とっておきホノルル ショッピング&グルメ
●Mapple PLUS 台北
●Mapple PLUS ソウル
●Mapple PLUS ホノルル
●アクティブ ハワイ

【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271
E-mail:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ