1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. AI関連システムの開発・提供を行う株式会社シナプスへの 情報コンテンツの提供(API連携)に関する合意について ~同時に資本提携も実施~
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

その他お知らせ

2018年10月15日
株式会社 昭文社

AI関連システムの開発・提供を行う株式会社シナプスへの
情報コンテンツの提供(API連携)に関する合意について
~同時に資本提携も実施~

 株式会社昭文社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、AI(人工知能)技術を強みにシステム開発・提供を行う株式会社シナプス(本社:東京都江戸川区 代表取締役CEO:片山 善博、以下シナプス社)への情報コンテンツの提供資本参加を行うことに合意しましたので、お知らせいたします。

■事業提携の概要
 シナプス社は、東京大学工学部・伊庭研究室との産学共同研究をベースに、AI分野におけるシステム開発やBTMシステムの運用を予定しており、今後もAI分野における有力なビジネス展開を期待できる企業であると考えております。
 このたび、シナプス社の開発するAI技術を活用したBTMシステム「Deppari」に、当社の保有するデータ(コンテンツ情報群)を提供することとなりました。これによって、サービスレベルの大幅な向上が見込めるとともに、当社コンテンツとAIを融合させることで、新しいコンテンツ利用価値の創出につながるものと考えております。

shobusha_logo-181015.jpg × SYnapse-LOGO_181015.jpg

■資本参加について
 昨今、様々な分野での利活用が進むAI技術は当社の主要事業領域である地図・観光分野のサービスにおいても大きな変革をもたらす可能性があり、当社が成長していく上で注力すべき領域の1つと考えております。
 上記のように産学連携を軸にしたAIの広範な利活用を進めて行くシナプス社は、将来的にも大きく成長が期待できる企業であり、BTMシステムやAI技術の利活用を含め、当社事業とのシナジー効果も十分見込めると判断したため、資本参加することといたしました。

■シナプス社の概要
 【企業名】 株式会社シナプス(⇒ http://synapse-corp.com
 【所在地】 東京都江戸川区北小岩3-6-13
 【代表者】 片山 善博(代表取締役CEO)
 【主な事業】
  BTMシステム「deppari」の運営
  AIシステムの開発

 当社では今後も、国内外の新たな外部パートナーとの協業関係を構築するための資本提携やジョイントベンチャーの設立なども視野に入れながら、情報コンテンツ等の当社資産を活用したオープンイノベーションの取り組みを加速させ、社会に貢献できる企業を目指してまいります。

【このお知らせに関する問い合わせ】
株式会社 昭文社 新規事業開発室 宇津井 聡史
TEL:03-3556-8112 FAX:03-3556-8168
昭文社ホームページ http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ