1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 現地オプショナルツアー予約・販売代行サービスMAPPLEアクティビティ・TAYLORにてオセアニアでもサービス開始! 渡航者数が増加中、現地ツアー参加率も50%以上
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2018年8月 1日
株式会社 昭文社

現地オプショナルツアー予約・販売代行サービスMAPPLEアクティビティ・TAYLORにてオセアニアでもサービス開始!
渡航者数が増加中、現地ツアー参加率も50%以上

 株式会社昭文社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、昨年開始しました現地オプショナルツアー・アクティビティの予約・販売代行サービス「MAPPLEアクティビティ」および「TAYLOR(テイラー)」事業の取り扱いエリアを拡大し、この8月1日より新たにオセアニアエリアのオプショナルツアー・アクティビティ商品販売を開始したことをお知らせいたします。 

AUS_TOP.jpg NZ_TAYLOR.jpg

<オセアニアエリアTOP画面 左:MAPPLEアクティビティ 右:TAYLOR>

■渡航者数増加中、現地ツアー参加率も非常に高い有望エリア
 今回サービスを開始したオセアニアはオーストラリア、ニュージーランドという日本人に人気のエリアです。特にオーストラリアへの渡航者数は2015年以降順調に伸びて2017年には43万人に達しており、オーストラリア政府観光局は2020年までに70万に増やすという目標を立て、JALやカンタス航空の日本各地からの直行便も続々就航しています。
 オーストラリア観光で最も人気があるのはシドニーですが、グレートバリアリーフやケアンズ、ゴールドコーストがあるクイーンズランド州を訪れる方も渡航者全体の61%に達し、現地ツアー利用率も53%以上、とアクティビティを楽しむ観光客が増えている有望なエリアです。
 またニュージーランドも渡航者数が10万人を超え、フィヨルド巡りや映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地巡りが人気となっています。

 「MAPPLEアクティビティ」は、当社が現在最も注力している旅ナカ事業の中核を担うサービスとして、今後もますますエリアを拡大、サービスの拡充に努めてまいります。

■人気ツアー例
 オセアニアエリアで現在人気のツアー例は以下のとおりです。
【オーストラリアの人気ツアー1:ケアンズ発キュランダ鉄道&スカイレール】
 ケアンズから熱帯雨林の上空を移動する「スカイレール」と歴史ある「キュランダ鉄道(キュランダ高原列車)」に乗ってキュランダへ。キュランダ村では自由に散策が楽しめます。



【オーストラリアの人気ツアー2:アウターリーフ シュノーケル クルーズ(ボートダイブ)】
 グレートバリアリーフを本格的に体験するためのツアー。アウターリーフの人気2スポットでたっぷり5時間、シュノーケリングを楽しめるクルーズです。最新鋭のクルーズボートで快適な船旅を。



【ニュージーランドの人気ツアー:土ボタルのワイトモ洞窟 &『ロードオブザリング』撮影地ツアー】
 名作『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地ツアーで、ホビット気分を満喫!土ボタルで有名なワイトモ洞窟やロトルアなど、ニュージーランドの自然美を堪能できる名所訪問も。

KSR-crossing-Surprise-Creek.jpg
<キュランダ鉄道のツアー例>
outer-reef.jpg
<アウターリーフのツアー例>
hobbiton-movie-set-18.jpg
<ロード・オブ・ザ・リング
のツアー例>

■拡大エリア詳細
【今回拡大分】オセアニア 2エリア
●オーストラリア:シドニー、ケアンズ・グレートバリアリーフ、ウルル(エアーズロック)など
●ニュージーランド:オークランド・北島、クライストチャーチ・南島北部、など
※取り扱い地域は順次拡大していきます。

■「MAPPLEアクティビティ」と「TAYLOR(テイラー)」のご紹介
 「MAPPLEアクティビティ」(⇒ https://mapple-tour.com/ )および「TAYLOR(テイラー)」(⇒ https://taylor-trip.com/ )は旅ナカ(現地)でより旅を楽しむためのオプショナルツアー予約・販売代行サービスです。すべて日本語でのご案内で、予約~決済・バウチャー発行まで全オンラインで対応。現地のアクティビティ参加を安心サポートします。
 「TAYLOR」は特に海外旅行をする女性におすすめのオプショナルツアーやスパをご紹介しています。

 両サービスは、オセアニアの他にも、グアム・ハワイおよびアジア・ヨーロッパ、沖縄の人気の観光スポットを楽しんでいただけるオプショナルツアーを多数ご用意しています。


【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271
E-mail:koho-info.shobunsha@mapple.co.jp

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ