1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 世界約130カ国からのアクセス「DiGJAPAN!」WEBに 自治体・観光地のエリア特集ページ開設 地方創生と訪日インバウンドに活用
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2016年7月26日
株式会社 昭文社

世界約130カ国からのアクセス「DiGJAPAN!」WEBに
自治体・観光地のエリア特集ページ開設
地方創生と訪日インバウンドに活用

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向けの日本旅行情報発信WEBサイト「DiGJAPAN!」にて、東京や京都といった観光地や自治体など、エリア単位での観光情報を「エリア特集ページ」として掲載できるように機能追加したことをお知らせいたします。「エリア特集ページ」はエリアの紹介ができるだけでなく、カスタマイズによって訪日誘客したい観光地・自治体のオリジナルページとして活用することができます。
dig_top.jpg
<DiGJAPAN!WEBサイト エリア特集ページ イメージ>

 日本旅行初心者から日本通まで幅広い外国人が閲覧するDiGJAPAN!WEBサイトは、世界約130か国からのアクセスがあります。WEBサイトのアクセス解析を見ると、サイト内で「東京」や「京都」など都市名を検索するユーザーが多いことが分かりました。そこで、スポット情報から旅行ノウハウまでさまざまな情報にフラットにアクセスできる従来のデザインの利点は残したまま、「エリア特集ページ」を開設することで、日本国内の目的地が確定し、旅行を具体的に計画中のユーザーの利便性を向上いたしました。

日本旅行情報WEBサイト「DiGJAPAN!」https://digjapan.travel/
東京エリア特集ページ⇒ https://digjapan.travel/digest/tokyo.html
大阪エリア特集ページ⇒ https://digjapan.travel/digest/osaka.html
京都エリア特集ページ⇒ https://digjapan.travel/digest/kyoto.html
中国(中文簡体字)、台湾・香港(中文繁体字)、タイ(タイ語)、韓国(韓国語)、欧米圏(英語)、日本語の6言語対応。
 
■自治体・観光地のオリジナルページを手軽に開設
 DiGJAPAN!WEBサイトの中に、観光地や自治体などエリア単位の特集ページを開設することができます。東京・京都・大阪など著名観光地と同様にエリア単位の特集ページを設置することで、該当エリアのブランディングと認知度向上につながります。また、観光地・自治体で独自に開設したオウンドメディアとの相互リンクを貼ることでインターネット上の相互集客も可能になります。
 
■外国人目線の体験レポートや動画を掲載
 エリア特集ページには動画を挿入することができます。当社では日本文化の体験や、公共交通機関の案内などの動画コンテンツ制作も承ります。
 
■Facebookなどソーシャルメディアでクチコミ拡散
 DiGJAPAN!は各国向けFacebookページも展開。そのファン数は世界で80万人を超え、訪日外国人向けに日本観光の情報を発信するソーシャルメディアとしては最大級のコミュニティです。日本観光を検討している訪日前の外国人に対して、エリア特集ページと掲載したコンテンツをFacebookコミュニティを通じてクチコミで拡散することができます
 
■外国人による現地フィールドワーク・外国人グループワーク
 自治体・観光地のオリジナルページを制作するにあたり、該当エリアのどこが外国人に人気なのか、実際に外国人を現地に派遣してリサーチする「フィールドワーク」や、観光に携わる地元関係者、学生などと外国人が一緒に観光コンセプトとブランディングを考える「グループワーク」も別途承ります。
 
dig_fieldwork.jpg dig_groupwork.jpg
<外国人による現地フィールドワークイメージ> <外国人とのグループワークイメージ>

 

■DiGJAPAN!について
 詳しくは下記サイトをご覧ください
インバウンドビジネス総合サポートサイト



訪日誘客に興味のある法人・自治体の方
お問い合わせ先
グローバル事業部メディアマーケディング課 大野・井上
電話:03-3556-8159
WEBからのお問合せ⇒ https://digjapan.travel/apply/
 

 


【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271/FAX:03-3556-8168

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ