1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 人気の「ことりっぷ」簡体字版、定番の「まっぷる」繁体字版 「ことりっぷ」「まっぷるマガジン」翻訳版発売 ~それぞれシリーズ初のエリア展開~
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2016年3月25日
株式会社 昭文社

人気の「ことりっぷ」簡体字版、定番の「まっぷる」繁体字版
「ことりっぷ」「まっぷるマガジン」翻訳版発売
~それぞれシリーズ初のエリア展開~

 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、このたび弊社発行の人気ガイドブック「ことりっぷ」シリーズ初の簡体字中国語翻訳版、および定番ガイドブック「まっぷるマガジン」シリーズの繁体字中国語翻訳版を3月、4月にかけて順次発売することをお知らせいたします。



 

MMkeihanshin.jpg

CN_hyoushi4.jpg

<『ことりっぷ』簡体字中国語版
4点表紙>

<『まっぷるマガジン京都・大阪・神戸』
繁体字中国語版表紙>

■各翻訳版の詳細
●ことりっぷ簡体字中国語版
 昭文社発行ガイドブックの翻訳版として初めて中国本土で出版されます。中国本土からの訪日客は2015年に過去最高の499万人となり、中国の人々にとって日本への旅行がさらに身近なものになっており、個人旅行の比率が上がっております。また、旅行の形態も大都市での買い物主体から日本各地への訪問へとシフトしつつあり、「ことりっぷ」日本語版の内容をそのまま翻訳したものへも高いニーズがあると判断、この春に計8タイトルを天津華文天下図書有限公司より出版いたします。
 訪日外国人観光客向けの無料旅行アプリ「DiGJAPAN!」のダウンロード・利用方法も誌面上でご案内することで、訪日前から旅行中までワンストップのサービスを提供し利便性を高めています。

 

 

  co_DiG.jpg
18-19.jpg 70-71.jpg

<ページ例1>

<ページ例2>

<「DiGJAPAN!」
紹介ページ>

●まっぷるマガジン繁体字中国語版
 「まっぷるマガジン」シリーズ初の台湾の版元からの翻訳版として人人出版股份有限公司より出版されます。エリアは京阪神地区を皮切りに訪日旅行需要の高いエリアを順次出版する予定です。また「ことりっぷ」簡体字中国語版同様、訪日外国人観光客向けの無料旅行アプリ「DiGJAPAN!」のダウンロード・利用方法も誌面上でご案内。本とアプリを組み合わせることでプランニングから現地まで満足度の高い旅を実現できます。

6-7.jpg MM_DiG.jpg

<ページ例>

<「DiGJAPAN!」紹介ページ>

■『ことりっぷ』簡体字中国語版:商品概要
シリーズ名:ことりっぷ
タイトル名:『ことりっぷ京都』ことりっぷ 大阪』ことりっぷ 奈良・飛鳥』ことりっぷ 札幌・小樽』
発売日:2016年3月18日
販売元:天津華文天下図書有限公司(本社 中国北京市) 販売エリア:中国(香港・マカオ除く)
価格: 25人民元

■『まっぷるマガジン』繁体字中国語版:商品概要
シリーズ名:まっぷるマガジン
タイトル名:『まっぷるマガジン京都・大阪・神戸』
発売日:2016年3月25日
販売元:人人出版股份有限公司(本社 台湾新北市) 販売エリア:台湾、香港・マカオ
価格: 【台湾】350台湾ドル

■今後の展開
 4月22日には「ことりっぷ」簡体字中国語版の第二弾として「東京」「鎌倉」「箱根」「名古屋」計4タイトルの発売を予定、2016年中には「まっぷるマガジン」繁体字中国語版の「沖縄」「北海道」「九州」「東京・横浜」の4タイトルを追加予定となっております。

■「ことりっぷ」および「まっぷるマガジン」について
 「ことりっぷ」は、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックで、累計発行部数1200万部を超える大人気シリーズです。
 「まっぷるマガジン」は1989年の創刊以来、30年近くに渡って旅行ガイドブックの定番として発売されてきたシリーズです。あらゆる世代から支持されている信頼のガイドブックブランドです。

■DiGJAPAN!について
 「DiGJAPAN!」は、当社のインバウンド事業における訪日外国人観光客向けサービスブランドです。無料の日本旅行アプリ「DiGJAPAN!は60万ダウンロードを突破。2015年12月にオープンしたウェブサイトhttps://digjapan.travel/ )では、国別に異なるニーズを満たすコンテンツを配信、東京や京都だけでなく日本各地の観光情報をご提供しています。
詳しくはコチラhttp://www.mapple.co.jp/digjapan/biz/


【リリースに関する問い合わせ】

■メディア関係の方向けの問い合わせ先
株式会社 昭文社 広報担当 竹内・和田
TEL:03-3556-8271/FAX:03-3556-8165

■当社商品に関することなどお客様からのお問い合わせはこちらにてお受けしております。

昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ