1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 登山・ハイキング用地図 『山と高原地図』 を全国データ化! 全国の地図・ガイド情報 『山あるきデータベース』 を WEBサイト・携帯電話向けサービス・GPS機器向けに提供開始
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2010年7月23日
株式会社 昭文社

登山・ハイキング用地図 『山と高原地図』 を全国データ化!
全国の地図・ガイド情報 『山あるきデータベース』 を
WEBサイト・携帯電話向けサービス・GPS機器向けに提供開始

株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)はこのたび長年登山愛好家に親しまれております登山・ハイキング 用地図『山と高原地図』の全国データを整備し、『山あるきデータベース』として携帯電話向けサービス・GPS機器向けに提供を開始しました。
『山と高原地図』は等高線を表現した精細な地図上に登山道を表示し、コースタイムや水場の位置、高山植物などの見どころ、登山道の状況など、登 山・ハイキングに役立つ情報を掲載した初心者から中・上級者までご活用いただいている登山・ハイキング用地図です。1965年から現在まで続くロングセ ラー商品で、登山愛好家の"定番地図"となっています。日本百名山をはじめとする全国の主要な山々を網羅しているのが特長であり、毎年それぞれの山に精通 した執筆者が入念に登山ルートを調査して情報を更新し、毎年発行し続けております。

当社は、他にはないこの登山地図の情報をデジタルデータ化することで、WEBサイト、携帯電話、専用GPS端末など各種デジタル機器を通じた様々なサービスによる情報提供を可能にしました。

第1弾として、次の二つのサービスがこの夏スタートします。
●NTTドコモの新機種らくらくホン7向け「ハイキングガイド」
●ガーミン社製ハンディGPS「Oregon 450 TC」  (昭文社地図データ及び『山と高原地図』の全コースとコース沿いの情報が内蔵)


『山あるきデータベース』の特長

(1)精細な等高線データを保有する縮尺1/25000のベースマップ

国土地理院発行の1/25000地形図をベースとした等高線間隔10mのデジタルデータを全国整備しており、これを表示用のベースマップ(背景地 図)として活用いただけます。登山・山歩きに必須とされる1/25000地形図相当の地図をデジタル機器上で表示することが可能となります。

(2)それぞれの山に精通した執筆者による登山ルート情報

地図出版物『山と高原地図』全58点*に掲載される、北は北海道から南は屋久島まで日本全国の主要な山域の合計約1500山の登山ルート情報を、地 図に表現できるベクトルデータとして収録しています。構成要素として、登山ルートの線情報に加え、行程の所要時間の目安となるコースタイム情報、山小屋・ 水場の位置情報、危険箇所や迷いやすい箇所などルート上の注意情報、高山植物や展望など見どころ情報を収録しています。
※出版物『山と高原地図』は現在59点にて展開しておりますが、「日本アルプス総図」編を除く全58点をデータ化しております。

出版物『山と高原地図』詳細: http://yamachizu.mapple.net/howto/page1.asp

(3)日本百名山・200名山など代表的な山を紹介するガイド情報・おすすめコース情報

〜はじめての方にもわかりやすいコースの難易度付き〜
日本百名山・200名山を対象とし、山の特長を示す紹介文や、写真画像を収録しています。また、登山ルートの中からおすすめコースをピックアップし、入 山・下山のアクセス情報、行程の所要時間・距離に加えて、コースの難易度・経験度に関する情報を保有しています。シーズンカレンダー情報として、山のコン ディション(冬山・残雪・新緑・夏山など)や、見どころの花・紅葉の時期を収録しています。
これらの山のガイド情報・おすすめコース情報により、時期やメンバーによってどの山へ行くのがよいのか、検討・選択していただくことができます。

採用事例

●WEBサイト:「MAPPLE山と高原地図」 (http://yamachizu.mapple.net/

提供:(株)昭文社
日本の名山の登山・ハイキング情報を提供するPC向けWEBサイト。登りたい山を探すための情報提供として、『山あるきデータベース』から日本百名山・ 200名山の登山ガイド情報を活用しています。ユーザーからの写真投稿も受け付けており、「こんどどこの山へ行くか?」を決める際のご参考にしていただい ています。

●携帯電話向けサービス:NTTドコモ新機種らくらくホン7向け「ハイキングガイド」

提供:(株)ゼンリンデータコム
株式会社ゼンリンデータコムよりNTTドコモの新機種らくらくホン7向けに、初心者でも便利に楽しめる、ハイキング専用のガイド「ハイキングガイド」<月 額315円(税込み・通信料別)>の提供を開始しました。事前にコースデータをダウンロードし、らくらくホン7のGPS機能と音声読み上げ機能を利用して 現在地をガイドします。コースデータをあらかじめダウンロードしておくことで、電波の届かない山中でもコースガイドをご使用いただくことができます。ま た、スクロール地図で、GPS機能で測位した現在地や、コース情報をご確認いただけます。
『山あるきデータベース』の山のガイド情報・おすすめコース情報から日帰り・初心者向きのコースをご採用いただいています。
詳細はこちら

●専用ハンディGPS端末:ガーミン社製「Oregon 450 TC」

提供:株式会社いいよねっと
8月6日発売予定の米ガーミン社製日本版ハンディGPSの新モデル「Oregon 450 TC」に『山あるきデータベース』をご採用いただきました。
等高線間隔が10mという、登山者にはうれしい1/25000の当社デジタル地図を背景に、約1500山の登山エリアでは『山と高原地図』のコースとコース沿いの山小屋・水場・危険箇所などの情報が見ることができます。 「Oregon 450 TC」では高解像度ディスプレイ採用モデルで、半透過型ディスプレイに、陰影のついた地図を描きだしますので、地形の起伏がひとめで確認できます。
詳細はこちら

※本データベースのご利用にあたって

  • 本データベースは、当社刊行の出版地図『山と高原地図』に掲載している情報を引 用して制作したものであり、山小屋・水場等登山に関連する情報の位置座標はGPS用いて測位したものではありません。そのため、本Dデータべースに収録さ れた地点情報の位置と実際の位置とが異なっている場合があります。また同じく本データベースに収録している登山道の位置情報も、高精度な測量によるもので はありません。
  • 登山道や山小屋・水場等は荒天により利用不能になる場合があるなど非常に変化が 激しいものです。また、山中で取得したGPSの位置精度も周囲の条件や天候等に左右され、充分な精度を得られない場合があります。したがって本データをご 使用になられる場合、ユーザー様の安全を守るため、「経路誘導」などいわゆるナビゲーション的な機能でのご使用は適しておりません。

★昭文社はおかげさまで創業50周年を迎えました★
昭文社創業50周年記念サイト『地図と旅する50年』 http://50th.mapple.co.jp/


【リリースに関する問い合わせ】
株式会社 昭文社 経営戦略室 広報担当 大川
TEL:03-3556-8271 / FAX:03-3556-8165

ページのトップへ