1. TOP
  2. もっと楽しむ - マップルのトリビア

もっと楽しむ

地図になぜ「りんご」?そのギモンにお答えします。

表紙の真ん中に「りんご」。書店やコンビニの書棚で、ひときわ目をひく、マップルの地図たち。「地図とりんごにどんな関係があるの?」「マップルっていう名前はりんごとの語呂あわせ?」などと不思議に思われたこともあるのでは。そんなマップルとりんごのヒミツをこっそりお教えします。

新鮮な情報をお届けしたい-。そんな思いをマップルの名に託して。

マップルは、「MAP(=地図)」とマップルのトレードマークである「APPLE(=りんご)」を組み合わせた造語です。りんごをトレードマークに選んだのは、「地図はりんごのように新鮮で品質のよいものでなければならない」との考えから。「MAP」と「PULL(=引っ張る)」にちなんで、地図業界を牽引していきたいという気持ちも込められています。

初代『MAPPLE』は、地図のロマンを語る英文が・・・。

『MAPPLE』がはじめて登場したのは、1984年。「地図」の文字がなく、黄色い表紙にタイトルロゴ、大きなりんごの中には虹のイラストという大胆なデザインの初代『MAPPLE』は、書店キャンペーンで1日50冊売れるなど、発売当初から大ヒットを記録。道路地図の定番へと成長しました。初代『MAPPLE』の表紙を開くと、その名に託された思いや地図へのロマンが英語で綴られていました。

表紙を彩った歴代のりんごたち。青いりんごや芸達者なりんご?も

黒いバックにりんごの赤が映えるスタイリッシュな現在の『スーパーマップル』。表紙を飾った歴代のりんごたちの中には、イラストで描かれた「青いりんご」や、積み木のように絶妙なバランスで積み重なった芸達者なりんご、といった変わり種もいました。とはいえ、モデルになることを許されたのは、高級店出身の色、ツヤ、形の三拍子がそろった、美貌のりんごたちだけだったとか・・・。

商品サービス

まっぷるリンク

DiGJAPAN!

使ってみよう!山と高原地図

地図選びのコツ

企業広告の紹介

  • Twitter
  • facebook
  • ソーシャルチームのご紹介
  • RSS
  • メールマガジン登録

ページのトップへ