1. TOP
  2. コラム
  3. BOYS AND MENが名古屋の名店をナビゲート!でらうま!なごやめし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独自の食文化を育む名古屋が生んだ「なごやめし」は全国的にも知名度が高く、今ではそれを食べるためだけにこの地に訪れる人も多いです。今回はそんなハズせない人気のなごやめし5品を、これまた人気急上昇中の名古屋発イケメングループ・BOYS AND MENの小林豊さん、田村侑久さん、本田剛文さんがナビゲートしてくれました。4月14日発売の『まっぷる名古屋’18』でもボイメンが案内するなごやめし特集ページがあるので併せて覧ください。

プロフィール
BOYS AND MEN
名古屋発のエンターテインメント集団。東海地方を中心にテレビやラジオのレギュラーは19本以上で、2016年は第58回日本レコード大賞・新人賞を受賞。2017年1月には日本武道館でワンマンライブを成功させ、続けて47都道府県ツアーも開催するなどさらに活動の幅を広げている。通称ボイメン。

小林豊
1989年、滋賀県生まれ。テーマカラーは黄緑。愛称はゆーちゃむ。

田村侑久
1990年、愛知県生まれ。テーマカラーは青。愛称はたむたむ。

本田剛文
1992年、愛知県生まれ。テーマカラーはピンク。愛称はほんでぃ。

●BOYS AND MENオフィシャルサイト
https://boysandmen.jp/

まず、なごやめしをまったく知らないという人のために基本からおさらい。愛知県岡崎市発祥の八丁味噌をはじめ、赤味噌を多く使うのが名古屋の食文化。なごやめしは味噌にかぎらず、濃いめの味付けの料理が多いので、ごはんやお酒が進みます。また、あんことトースト、うなぎと茶漬け、エビ天とおにぎりなど、自由な発想と組み合わせをしたアレンジ料理がとても多いのもなごやめしの特徴のひとつ。しかも最近では台湾ラーメンとカレーの組み合わせなど、さらに進化系なごやめしも増えているとか。

なごやめしの魅力についてメンバーの3人に伺うと、「リピートしたくなるよね」(小林)、「最初は味付けが濃いかなって思うかもしれないけど、すぐまた食べたくなる!」(田村)、「とっつきにくいけどなんとなくまた会いたくなるのが、僕らボイメンとなごやめしの共通点。なごやめしついでに、ボイメンに会いに名古屋に遊びに来てね!」(本田)と名古屋愛あふれるコメントが。今回は3人に、なごやめしとしてハズせない料理を紹介してもらいました!

なごやめしの代表格といえば、みそかつはハズせません。もとをたどれば1947年にさかのぼります。串カツをどて煮の鍋に浸して食べるとおいしかったことをヒントにして、矢場とんの初代店主が「矢場のとんかつ」を創業。そこでみそかつを販売したのが始まりなのだとか。

そして小林くん、田村くんが今回訪れたのは「矢場とん 矢場町本店」。矢場とんのみそかつは、油でこんがり揚げた九州産の厳選豚肉に、名古屋発祥の熟成みそをベースとしたみそだれをかけたものです。秘伝のみそだれは、大きなみそ樽で長い間熟成させる昔ながらの製法でうまみを引き出しています。その味わいは芳醇でくどくなく、カラッと揚がった豚肉と相性抜群です。「僕は滋賀出身なんですけど、初めて名古屋に来たときに道行く人におすすめを聞いたらみんなに“矢場とん”って教えられた思い出があります」(小林)。「矢場とんのみそかつは、なごやめしデビューにおすすめ!」(田村)。

熱した鉄板にキャベツを敷いてとんかつを乗せた一品。目の前でみそだれを注がれるライブ感も楽しい。

鉄板とんかつ
定食1836円 単品1404円

矢場とん 矢場町本店
愛知県名古屋市中区大須3-6-18
11:00〜21:00
地下鉄名城線矢場町駅から徒歩5分
http://www.yabaton.com/

全国展開するチェーン店もあるほどメジャーな手羽先もなごやめしの1つ。1965年頃に、「風来坊」の会長がスープのだしとして使われていた手羽先を揚げて、味付けしたのが始まりといわれています。香ばしく揚げた味わい深い手羽先は、ビールのおつまみとしてはもちろんのこと、ごはんにも合う人気の一品です。

本田くんが訪れたのは「世界の山ちゃん 本丸」。日本国内と海外合わせて70店舗以上を展開する、言わずと知れた居酒屋チェーンです。看板メニューの手羽先は、創業以来受け継ぐタレとオリジナルスパイスの辛味が効いた濃いめの味付けが特徴。手羽先は両端を持ってそれぞれ逆方向にひねると、大小2つの身に分けられます。大きい方の身から食べるとキレイに食べられるのでおすすめです。「手羽先をスマートに食べられると、無駄なくたくさん食べられます」(本田)。

素揚げした手羽先を高温で2度揚げ。スパイスの辛味の強さにビールがよくすすむ。

幻の手羽先
1人前(5本)464円 ※写真は5人前

世界の山ちゃん 本丸
愛知県名古屋市中区丸の内2-20-31
17:00〜23:30(日祝は〜22:30)
地下鉄鶴舞線・桜通線丸の内駅からすぐ
http://www.yamachan.co.jp/

ドリンクを注文すると、トーストやゆで卵などが付いてくる名古屋のモーニングサービス。お店によってサービス内容はさまざまで、名古屋市の北に位置する一宮市が発祥ともいわれています。せっかくなら朝から名古屋入りして、モーニングから体験したいものです。

田村くんがやってきたのは「モーニング喫茶 リヨン」。ここはなんと1日中モーニングサービスを実施してくれている嬉しいお店。昼や夕方であっても、ドリンクを頼めばモーニングが付いてきます。特に味わってほしいのが、小倉プレスサンド。小倉あんをたっぷり使ったトーストやサンドは、名古屋のモーニング定番メニューです。別店舗で自家焙煎した酸味が少ないコーヒーもパンによく合います。

「コーヒーを頼んだらおいしいパンも付いてくる、名古屋の朝は幸せ!」(田村)。

小倉あんをパンに挟んでプレスしたサンドなど、5種類のプレスサンドとトーストから好きなものを選べる。

モーニング(写真は小倉あんプレスサンド)
410円〜(ドリンク代)

モーニング喫茶 リヨン
愛知県名古屋市中村区名駅1-24-30 三井ビル本館B1F
8:00〜18:00
名古屋駅から徒歩5分

あんかけとスパゲッティの組み合わせが意外にもマッチする驚きのメニュー。ピリ辛ソースと豊富なトッピングにハマって何度も食べたくなる名古屋発祥の料理、それがあんかけスパです。

本田くんが伺ったのは「スパゲッティハウス ヨコイ 住吉本店」。あんかけスパの元祖といわれているお店で、1963年に創業者の横井博さんがあんかけソースを考案したのが始まりです。名物はミラネーズ(肉類)とカントリー(野菜)を合わせた、「ミラカン」というメニュー。赤ウインナーやハム、ベーコン(肉類)、玉ねぎ、ピーマン、トマト、マッシュルーム(野菜)という最もオーソドックスなトッピングのあんかけスパです。1週間かけて完成するスパイシーなオリジナルのあんかけソースに、極太の麺が絡んだ食べごたえのある逸品でボリュームたっぷり。ランチタイムはサラリーマンで大賑わいです。

「トッピングの存在感が大きいから、あっさり食べたいときは野菜、がっつり気分のときは揚げ物など選ぶとおすすめ」(本田)。

お客様の要望に応えて誕生した、人気ナンバーワンメニュー。ウインナーやハム、野菜がたっぷり。

ミラカン(サラダ付)
950円

スパゲッティハウス ヨコイ 住吉本店
愛知県名古屋市中区栄3-10-11
11:00〜14:45、17:00〜20:35(日祝はランチのみ)
地下鉄栄駅から徒歩5分
http://yokoi-anspa.jp/

ピリ辛ミンチとニラがたっぷり乗った辛みの強いラーメンが、クセになると評判の台湾ラーメン。台湾と名が付いていながら、れっきとした名古屋生まれのご当地ラーメンです。

本田くんがやってきた「味仙」は台湾ラーメンの元祖といわれるお店。店主が台湾出身なので台湾ラーメンと命名したもので、当の台湾にはこのような激辛ラーメンは存在しないのだとか。全国で激辛を謳うラーメン店が数多くある中で、辛さの中にもうまみをしっかり感じる台湾ラーメンは名古屋のみんなに愛されるソウルフードにまで成長しました。「味仙の台湾ラーメンは辛さが調整可能。控えめなら“アメリカン”、辛さ増しなら“イタリアン”と注文すべし!」(本田)。

深みのあるスープと、パンチの効いた辛さ、コシのある麺が絶妙にマッチ。

台湾ラーメン
630円

味仙 今池本店
愛知県名古屋市千種区今池1-12-10
17:30〜翌1:30
地下鉄東山線・桜通線今池駅からすぐ
http://www.misen.ne.jp/

2017年4月1日、日本初上陸の世界で人気のテーマパーク「レゴランド®・ジャパン」が名古屋にやってきました。レゴ®ブロックの世界観をテーマにしたアトラクションやショーがたくさん! なごやめしでお腹を満たしたら、そのままレゴランド®・ジャパンへぜひ足を運んでみて。

レゴランド®・ジャパン
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-1
10:00〜(日により閉園時間が異なる)
1DAYパスポート おとな13歳以上6900円、こども3〜12歳5300円
https://www.LEGOLAND.jp/

なごやめしもボイメンもニュースポットも!『まっぷる名古屋’18』発売!

本誌にはまだまだ魅力的ななごやめしがたくさん! 4月14日発売の『まっぷる名古屋’18』では、BOYS AND MENのメンバーがなごやめしを取材&紹介してくれています。そのほか「レゴランド®・ジャパン」をはじめとしたニューオープン施設、名古屋城など定番観光スポットもたっぷり紹介しています!

さらに、本誌購入者限定で
BOYS AND MENのサイン入りチェキの
プレゼント応募も!

※応募は、『まっぷるマガジン』ご購入者のみです。電子書籍からはご応募できません。

ボイメンファン必見の『まっぷる名古屋’18』をチェック!

紙面もチェックしてね!

※この記事は2017年4月13日時点のものです。

コラム一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ