1. TOP
  2. コラム
  3. 神戸が舞台の朝ドラ『べっぴんさん』で栄輔役を好演!松下優也さんに聞く神戸おすすめスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸発のベビー子供服ブランド「ファミリア」創業者・坂野惇子さんがモデルの連続テレビ小説『べっぴんさん』もいよいよ佳境にさしかかってきました。ドラマの影響で、実際に神戸を訪れてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は同ドラマにも出演し栄輔役を熱演している松下優也さんに、神戸の魅力を語っていただきました。ドラマファンも松下さんファンも必見です!

プロフィール
松下優也(まつしたゆうや)
俳優 アーテイスト
1990年5月24日生まれ。兵庫県出身。朝ドラ『べっぴんさん』など数々のドラマや舞台で活躍するほか、ボーカル&ダンスグループ・X4のメンバーとしても活躍。X4としてはアルバム「Xross Mate 」ライブDVD&ブルーレイ「X4 LIVE TOUR 2016 - Funk,Dunk,Punk-」が発売中で、4月より全国ライブツアーもスタート。ソロとしては写真集『松下優也写真集 26』を発売したばかり。

●松下優也オフィシャルサイト
http://www.matsushitayuya.com/
●X4オフィシャルサイト
https://xxxx4.jp

撮影/藤記美帆 スタイリング/鹿野巧真 ヘアメイク/Coomie(B★side)

『べっぴんさん』では、若者に人気のブランド「エイス」の社長・岩佐栄輔役で出演している松下優也さん。同ドラマ内で1度姿を消したときには「栄輔ロス」を訴える人も多く、再登場を果たした今はますます注目を集めています。朝ドラで松下さんを初めて知ったという方のために説明しておくと、松下さんはもともとアーティスト。現在もX4というグループに所属し、俳優業と二足のわらじで活動しています。

ドラマは神戸が舞台になっていますが、実は松下優也さん自身も兵庫県出身。神戸は何度も訪れている地元ということもあり、思い入れも強いのだとか。そこで松下さんに現在発売中の『まっぷる 神戸 '17-18』をご覧いただきながら、神戸のおすすめスポットなどを伺ってきました!

朝ドラの出演が決まったときはどんなお気持ちでしたか?
松下さん(以後松下):
初めてオファーが来たときは、「なんで?」「どこからそんな話が来たんだろう」と思っていました。嬉しさよりも驚きの方が大きくて。喜びに変わるまではずっと「え?」っていう感じで。しかも結構重要な役柄だったので、「本当に?」と疑っていましたね。本当だとしても、台本も徐々に変更していくこともあるんでしょうし、撮影が始まるまで実際どうなるかはわからないと思っていました(笑)。
栄輔を演じていて、自分と似ていると思いますか?
松下:
結構かぶる部分はありますね。ファッションが好きというところももちろんそうなんですけど、「ただいい服を着たい」「いい服を提供したい」というだけではなくて。ファッションで日本の男をカッコよくしたいという思いを掲げているところとか。僕が普段、実際にそんなことを掲げているわけではないですけど、その熱い気持ちはすごくわかるんです。僕もそういう熱い人が好きだし、そういう人のことをカッコいいと思うので共感できますね。
神戸がドラマの舞台になっていますが、兵庫県出身ということが役に立った部分はありますか?
松下:
やっぱり関西弁ですかね。今回の朝ドラって、実はキャストに関西の方が少なくて。方言指導の先生はいらっしゃるんですけど、関西弁のイントネーションとかニュアンスって案外わからない人からしたら難しいみたいで。言葉に苦労されている方を見ると、関西人でよかったな、と(笑)。高良健吾くんとは同じシーンが多かったんですけど、言葉について聞かれたときはちょっと教えたりもできました。僕は逆に標準語で話す芝居で苦労することも多いですけどね(笑)。

実際の神戸にはどんな思い出がありますか?
松下:
小学校6年生の頃から歌手を目指して、音楽スクールに通っていたんです。そのとき、よく土日に「神戸モザイク(現umie MOSAIC)」の広場でイベントをやっていて。中学生くらいのときには自分もそこでイベントやライブをやっていました。モザイクには遊園地もあって(現神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール)、そこでもよく歌っていましたよ。イベントの後にゲームセンターで遊んでから家に帰る、というのが神戸での定番のコースでした。
神戸観光でおすすめのスポットといったらどこですか?
松下:
北野エリアの異人館のあたりはすごく好きですよ。明治から大正時代に建てられた美しい洋館がたくさんあって。雑貨店とかお店も多いんですよね。でも気になるのはやっぱり「スターバックス神戸北野異人館」じゃないですかね(笑)。木造2階建ての洋館で雰囲気がすごくいいんです。あと、僕は異人館での撮影シーンはなかったんですけど、「萌黄の館」はドラマで何度も使われていましたよね。だから『べっぴんさん』ファンの方々は必見のスポットだと思います。
ほかにもありますか?
松下:
メリケンパークのあたりは海を眺めるのに最適です。そこに「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」という、堂島ロールみたいなおもしろい形のホテルがあるんですよ。子供の頃にそこのランチビュッフェによく連れて行ってもらっていたので、結構思い出がありますね。あそこのホテルは不思議で、海の上に建っているように見えるんですよ。ぜひ注目して見てください!
これを食べておけ! という食べ物はありますか?
松下:
ベタですけど、肉ですかね。ステーキ。神戸牛は食べておかないと。
松下さんから見て、神戸はどんなイメージですか?
松下:
やはりきれいなイメージですね。ゆったりした気持ちにさせてくれるので、のんびりとデートをしたら最高だと思います。だけどまだ関西方面の観光といえば、京都やUSJが人気で、神戸ってちょっと二の次みたいなところがありますよね。建物も素敵だし、街の雰囲気も本当にいいので行く価値があると思います。

地元にはよく帰られますか?
松下:
『べっぴんさん』の撮影は関西で行っているので、撮影期間中はかなり東京と関西を行き来していました。 関西はやっぱり自分の生まれ育った土地ですし、地元愛みたいなものはありますね。今回の朝ドラでは生瀬勝久さんと共演させていただくシーンもあったんですけど、生瀬さんも僕と同じ兵庫県西宮市出身なんです。同郷で憧れていたので、すごく嬉しかったです。自分の出身地にこんな有名人がいるんだってことは自慢できるじゃないですか。僕にとって生瀬さんはそんな自慢のできる方で。僕もこれから、地元の人達が喜んでくれたり、自慢になるような存在になれたらいいと思っています。昨年は神戸マラソンにゲストで参加させていただいたんですけど、とても光栄なことで嬉しかったです。今後もイベントやライブなどで関西方面にはたくさん伺えたらと思います。
これからの活動での目標は?
松下:
アーティストとしては、大きいところでライブがやりたいなと思っています。地元でも大きい会場でできたら嬉しいし、東京だったらやはり武道館は目標ですね。俳優としてはアクションや殺陣がやりたいですね。小さい頃から憧れがあります(笑)。まぁ、これと決めずに、いろいろ挑戦したいなと思いますね。

『ぺっぴんさん』の舞台、神戸エリアのおでかけ情報はこちらから↓

まっぷる 神戸 '17-18

松下優也さんの直筆サイン入りポラ&「まっぷる神戸'17-18」を2名様にプレゼント!

Twitterで応募する

■応募条件

  • Twitterアカウントをお持ちであること
    (Twitterを非公開設定にしている方は対象外となります)
  • Twitterで「地図とガイドブックの昭文社(@mapple_twi)」をフォローしていること
  • 指定のハッシュタグとURLが掲載されたツイートをしていること

■当選発表

応募締め切り後、厳正な抽選のうえ当選者を決定いたします。
ご当選者にはダイレクトメッセージ(Twitter内のメール)で通知いたします。

■応募上のご注意

  • ご応募は何度でもしていただけますが、当選は一回限りとさせていただきます。
  • ご応募、ならびに、賞品の発送は、日本国内に限らせていただきます。
  • ご応募内容に不備がある場合、ご応募を無効とさせていただく場合がございます。
  • 受理の確認、抽選の結果(当落の確認)に関するお問合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 当選権利はご当選者本人に限り、他人への譲渡や現金へのお引き換えはお受けできません。
  • 未成年の方は保護者の同意の上、ご応募をお願いいたします。
  • ご当選者には賞品発送のため、お名前、ご住所、お電話番号等をお知らせいただきます。あらかじめご了承ください。
  • お知らせいただいた個人情報は、本キャンペーンに関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。
  • キャンペーンについてのツイートを含む、応募者のTwitter上での発言内容や、それに関わるトラブルに関しては、当社では責任を負いません。
  • Twitterおよび関連するアプリケーションの動作環境により発生するキャンペーン運営の中断または中止によって生じるいかなる損害についても、当社が責任を負うものではありません。
  • 個人情報の管理方針等につきましては、当社プライバシーポリシーにてご確認ください。
    http://www.mapple.co.jp/mapple/privacy/

コラム一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ