1. TOP
  2. コラム
  3. 地方芸術祭現地リポート! 前編 これぞアート!? 堂島で見つけたアっトスポット!

コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏、大阪の堂島では第3回目を迎える芸術祭「堂島リバービエンナーレ2013」が開催中!でも、アートなのは会場だけじゃない!?堂島エリアに足を伸ばして見つけた“アーティスティック”なスポットはこちら!

◆まずは堂島リバービエンナーレへ!今年のミドコロは?
◆堂島流アートなたこ焼を発見!その名も「おやじ焼」!?
◆うどんをやめてそば一筋に!こだわり主人がつくる芸術作品
◆繊細なアートを楽しめる老舗きんつば屋さんはココ♪
◆出た!熱烈阪神ファン作・堂島アートの最高峰!?

まずは堂島リバービエンナーレへ!今年のミドコロは?

今年のテーマは「Little Water」。会場となっている堂島リバーフォーラムが大阪の中心を流れる堂島川に面していることにちなんで、水に関するさまざまな現代アートが国内外から集められています。

水の美しさや多様性を表現する全28作家によるアートの数々は、じっくり見ているとあっという間に2時間くらいたっちゃう濃密さ!時間を忘れて「水」という存在と向き合える、そんなステキな展示でした!でも、堂島の“アート”はこれだけじゃありませんでした。

堂島流アートなたこ焼を発見!その名も「おやじ焼」!?

堂島リバーフォーラムから歩くこと約4分。道路を挟んで向かいに見えたのは・・。ん?木で隠れちゃってよく読めないけど、看板には「おやじ」の文字??あ!提灯をよく見ると「おやじ焼」って書いてある!どことなくアートな匂いを察知しお店の前へ向かうと、なぜか“あの”キャラが出迎えてくれました。

おそるおそる注文したおやじ焼。それは「できあがりが目玉みたいだから」という、半熟のうずらの卵が乗ったふわふわトロットロの絶品たこ焼き!その独創性、イマジネーション、まさにアートです!目玉が先なのか、うずらが先なのか・・ムツカしい顔をしながらその創作過程を想像していると、お店のお母さんは何も言わずに、扇風機をこちらに向けてくれました。

うどんをやめてそば一筋に!こだわり主人がつくる芸術作品。

いきなりの強烈なアートに衝撃を受けた後、ちょっと頭をスッキリさせたくて向かったのは、おやじ焼「田の家」のお母さんが教えてくれたおそば屋さん「助六」。さっそくご主人にお話をうかがうと、おそばはもちろん、お米や小麦粉、糖類のことなどなど、食に関するこだわりが出てくる出てくる!ここももしや。匂いますよ、職人気質のアートの香りが・・。

ご主人は4代目にして、今まで出していたうどんをやめ、そばの道一筋に。「ウマイそばを出すために、そば粉は石臼挽きの自家製粉。一番おいしい状態で食べてもらいたくて出前もやめさせてもらいました」というこだわりよう。物事を探求・追求するそのストイックな姿勢。やっぱりご主人、食のアーティストでした!

繊細なアートを楽しめる老舗きんつば屋さんはココ♪

「ちょっとデザートでも」と思い、助六のご主人に教えてもらったのは、昭和5年創業のきんつば屋さん。すぐそこだからと、お店を出て案内してくれました。ここではどんな作品に会えるかな?と思って店内に入ると、お客さんが全員食べていた(!)のが、真っ白なかき氷。この「氷ミルク金時」は夏の人気メニューで、氷のなかに隠れたきんつば屋さんならではの小豆がとっても美味♪そして、名物「きんつば」を・・。

おやつやおみやげに買いに来るお客さんが後を絶たない人気のきんつば。そのお味はというと、炊きたての餡は甘すぎず、でもしっかりと味がして、それを包む皮はほどよい薄さで、餡に届くまでの食感までも計算されている感じ。無添加のため一日しか日持ちがしないという、とても繊細なアート作品でした。このきんつばを食べたら、きんつばのイメージがガラリと変わっちゃうかもしれない、そんな特別なきんつばです。

出た!熱烈阪神ファン作・堂島アートの最高峰!?

アヴァンギャルドなおやじ焼の衝撃から、おそば、きんつばと、上品な「和」のアートに触れた堂島散策。最後に訪れたのは、助六のご主人が教えてくれたもうひとつの“老舗”。「おもろい店」とは聞いてたけど、ちょっとスゴイお店に来ちゃったかも!!看板には「・・・だから まる虎ぽーろ」の文字。どうやらここも、アートの匂いがプンプンします。

どうやらここは、熱烈阪神ファンが営む、喫茶店のよう。ちょっとドアを開けるのにも勇気がいります・・。でも、出てきてくれたのはとっても優しそうなマスター。いくつか質問をしてみました。

Q.堂島リバービエンナーレって知ってますか?
「知らんなぁ。なんやそれ、新しい外人選手か?」

Q.いや、芸術祭なんですけど、アートとかに興味は?
「アート?わからんわからん、ぜんぜんあかん」

Q.なんで看板に「・・・だから」って書いてあるんですか?
「特に理由はないで。だからに理由はない」

・・・だからに理由はない!!アートはわからないと語りつつ、間違いなくアートの心を持ったマスター。阪神の選挙ポスターも、ドアに貼られたポスターの数々も、ますますアートに感じてきました。マスター、もうちょっと鑑賞していきます!

1. 堂島リバーフォーラム
2. 田の家(おやじ焼)
3. 助六(そば)
4. 出入橋きんつば屋(きんつば)
5. まる虎ぽーろ(喫茶)
6. Mon cher 堂島本店

堂島リバービエンナーレからの堂島アート散策は、思いもよらぬ強烈アートに出会ったところで、いったん終了。
後編では近代に建てられたアート建築をめぐります!


ここもミドコロ!

せっかく堂島にやってきたんですから、ぜひ立ち寄りたいのが、あの堂島ロールで有名な「Mon cher 堂島本店」(上記地図の⑥)。堂島ロールの他にも、ケーキやゼリー、焼き菓子、アイスなどなど、おいしそうなスイーツがたくさんそろっているのも本店ならでは!駅もすぐ近くなので、アート鑑賞と堂島散策の終着スポットにして、おみやげを買って帰るのもいいですね♪


マップルショップで購入

amazon.co.jpで購入楽天ブックスで購入


関連商品

コラム一覧を見る


ページのトップへ