1. TOP
  2. コラム
  3. ツーリングマップル|『頑張ってるぞ!東北!!ツーリング』

コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月11日。あの日、思ったこと。

このたびの「東日本大震災」で被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。
亡くなられた多数の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
3月11日(金)14時46分に発生した「東北地方太平洋沖地震」は、想像を絶する甚大な被害をもたらしました。我が家は神奈川県西部の伊勢原市にありますが、これがマグニチュード9.0という世界最大級の地震のすごさなのでしょう、震源地から何百kmも離れているというのに、びっくりするような揺れで震度5強でした。震源地近くの揺れの激しさはどれほどのものだったでしょう、もう想像もつきません。それに加え、まるで巨大津波に追い討ちをかけるように、今度は原発事故です。我々日本人が汗水たらして築き上げてきた日本。その日本が一瞬にして崩れ去ってしまった、そんな思いすらしました。

「みちのくライダー・カソリ」

ぼくは昨年、『ツーリングマップル東北』の実走調査を兼ね、東北の太平洋側、「いわき~八戸」を3度、バイクで走りました。それは今回の巨大地震にともなう津波で徹底的に痛めつけられたエリアに重なります。それだけに、各地のあまりの惨状には、涙が出るほどの思いです。「なんで、なんで」といいたくなります。
そもそも、ぼくが『ツーリングマップル東北』の担当になったのは10余年前。当時、『ツーリングマップル』はライダー達の必須アイテムとして愛用されていましたが、実はその中で売上げが一番低いエリアが東北でした。東北の豊かな自然、魅力的な秘湯の数々、あたたかい人々。もっと、ライダーに東北の魅力を知ってもらいたい、走ってもらいたい、そんな想いから、『ツーリングマップル東北』の担当を続けてきました。毎年、東北各地を約1ヵ月1万kmほど走っているので、今では「みちのくライダー・カソリ」と呼ばれています。

頑張ってるぞ!東北!!ツーリング

そんなぼくが、もう一度東北を走ろうと決意したのは4月半ばのこと。震災から2ヶ月後にあたる5月11日に、出発することを心に決めていました。『ツーリングマップル』の実走調査は毎年7・8月。本来ならそれを待たねばなりませんが、いてもたってもいられず、少しでも早く東北の現状をバイクで走り見て来たい、それを伝えたいという一心でした。危険を伴う可能性があるイレギュラーな取材でしたが、昭文社の全面的なバックアップもあり、取材を敢行することができました。ルートは鵜ノ子岬から尻屋崎。巨大津波に襲われたエリアをとにかく北上し、突端の尻屋崎まで行くプランでした。もちろん、通行止めの箇所がたくさんあることは事前の調査で知っていましたが、バイクの機動力をもってすれば、きっと、尻屋崎までたどりつけると思っていました。そして、ぼくはこの取材に特別な想いをこめて、「頑張ってるぞ!東北!!ツーリング」という名前をつけました。

はじめてのtwitterレポート

「頑張ってるぞ!東北!!ツーリング」で、ぼくははじめてtwitterを使うことにしました。東北を走って、見て、聞いた情報を、リアルタイムに多くの方に伝えるには、twitterが便利だと思ったからです。ぼくはこれまで、ブログなどもやってきましたが、実は最新のデジタルツールがものすごく苦手(笑)。twitterをはじめるといっても、最初は使い方がよくわからなくて、昭文社のスタッフにあれこれと教えてもらいました。ハッシュタグ「#kasori」も作ったんですよ。朝、日の出とともに走り出して、岬、灯台、通行止め、食堂など、ありとあらゆるものを写真に撮ってツイートしました。多い日には1日60ツイートにもなったほど。瓦礫の山、被災した旅館など、目を覆いたくなるような光景も少なくありませんでしたが、そんな中でも無事だった場所、営業中のお店があれば、その写真とともに「頑張ってるぞ!東北!!」とツイートしながら走り続けたのです。

賀曽利隆 (kasori3000) on Twitter

東北へ進路を取れ

5月に始めた「頑張ってるぞ!東北!!ツーリング」ですが、8月現在、既に4回目の実走調査を終えました。『ツーリングマップル』の読者の中には、「2012年版の『ツーリングマップル東北』は出版されるのだろうか?」と疑問に思っている方がいるかもしれません。そんなご心配なら一切ご無用!2012年版のために、『ツーリングマップル』の道路コメントはつぶさにチェックしていますし、例年以上に情報はたっぷりです。SUZUKIビックボーイとともに撮影もバッチリ。表紙も楽しみにしててください。
震災の影響が残る箇所はありますが、美しいまま残っている自然、無事に営業している食堂、がんばっている人たちはたくさんいます。自然を肌で感じることができるバイクだからこそ、今の東北を走ってもらいたい。そして、がんばっている東北を一緒に応援してもらいたい。ぼくはそんな願いで、これからもずっと東北を走り続けます。「頑張ってるぞ!東北!!」


賀曽利隆
ライター&ライダー。1968年の「アフリカ一周」を皮切りに、2010年末までに世界133ヵ国130万キロを走破。2006年~2007年の「300日3000湯」企画では3063の温泉地で入湯(ギネスの世界記録)。今年もツーリングマップルの担当エリアである東北をはじめ、日本、世界を走っています。

東北取材スケジュール
2011年8月27日から「東北縦横無尽計画」と銘打って『ツーリングマップル東北』第二弾の取材を実施。また、震災からちょうど半年過ぎた2011年9月11日(日)から「頑張ってるぞ!東北!!」第5弾がスタート。賀曽利さんの動向はMAPPLEのfacebookでもご紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてください。

昭文社-旅とおでかけにMAPPLE
http://www.facebook.com/mapple.jp

関連商品

コラム一覧を見る


ページのトップへ