1. TOP
  2. コラム
  3. ことりっぷ電子ガイド|『懐かしい日本を探しに行きませんか?』

コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どこか懐かしさを感じさせる風情のある街並み、のんびりとした日常が息づく路地裏、職人さんの真心がこもったこだわりの品が並ぶ店先-。そんな旅先にこそ『ことりっぷ』はよく似合います。休日『ことりっぷ電子ガイド』を手に、平城京の都、奈良を訪れました。

旅先では1カ所に長く滞在して、近所をお散歩したり、地元の人がよく行くお店をのぞいたり、「暮らしている」ように過ごすのが私の旅スタイル。旅とまではいかなくても、今住んでいる東京やその近郊の自分が行ったことのない街にふらりと出掛けて、路地をぐるぐる巡ったり、素敵なお店を探しながらてくてくお散歩したりすることが、休日の過ごし方の定番となっています。そして、そんな私の大切なパートナーが『ことりっぷ電子ガイド』です。

お気に入りスポットにシールを貼れば、旅の準備は完了

旅やお出かけの準備は、気になるお店やスポットをチェックするところから始まります。通勤途中の電車の中や、会社のお昼休みなど、ちょっと時間が空いた時に『ことりっぷ電子ガイド』の誌面を眺めて、「あ、ここ行きたい」という場所があれば、シール機能を活用して印をつけておき、自分だけのお気に入り情報を集めます。

「いつも仕事が忙しくて、そんなことをしている余裕がない」という方も、心配しなくて大丈夫。『ことりっぷ電子ガイド』はコンテンツを1度ダウンロードしてしまえば閲覧時は通信が不要ですので、例えば空港のWi-Fi環境で一気にダウンロードし、飛行機の中でスマホを機内モードにしてじっくりチェックする、といった使い方もできます。

もちろん、今回の奈良旅行も、事前に『ことりっぷ電子ガイド』コンテンツの“奈良”をチェックしてお気に入りリストを作り、準備万端で出発しました。

古さと新しさが交錯する奈良町を着物でてくてく

旅の目的は、歴史の街、奈良の中でも、築100年以上の町家が数多く残る「奈良町」をお散歩すること。風情ある街の雰囲気に合わせて、着物で歩いてみることにしました。

実は私の趣味は「着物」。普段でも、ゆとりがある時は、会社からいったん家に帰って、着物に着替えてからバーに繰り出すこともあります。飲みに行くために着物を着るのも意外にいいものですよ。

さて話が少し脱線してしまいましたが、奈良の町家は京都に比べてこじんまりはしていますが、人出がそれほど多くないので、のんびり街歩きしたい人にはおすすめのスポットです。小さな町家の中には、和小物のお店や、オシャレなカフェ、フレンチなど、素敵なお店がたくさん入っています。老舗も多く、ユニークなところでは、蚊帳に使う麻の布地を使った暖簾やストール、スカーフ、コースターなどを売っているお店もあります。

Twitterでアプリに載ってない、とっておき情報もゲット

私も『ことりっぷ電子ガイド』で周辺地図を表示したり、シールを貼ったスポットのリストを表示して事前にチェックしたお店の情報を確認したりしながら、奈良町をそぞろ歩き。古い街並みを着物で歩いていると、まるでタイムスリップしたような気分になってくるから、不思議です。

歩くのに疲れてきたら、『ことりっぷ電子ガイド』で現在地から一番近いカフェを検索して、ひと休み。お茶をしながら、ことりっぷTwitterのタイムラインをチェック。iPhone版アプリなら、アプリ内で#cotripのタイムラインが自動で表示されるので、本に載っていないとっておき情報もチェックできちゃいます。

気ままな女子旅を便利にしてくれる『ことりっぷ電子ガイド』。今回、ご紹介した奈良だけでなく、東京近郊なら箱根、足を延ばすなら金沢、札幌など『ことりっぷ』な旅が似合うおすすめエリアは、まだまだたくさんあります。

今度のお休みは、『ことりっぷ電子ガイド』と一緒に出かけてみませんか?

関連商品

コラム一覧を見る


ページのトップへ