1. TOP
  2. コラム
  3. 旅のエキスパートが手ほどき!MAPPLEトラベラーズ Vol.1社会人の自由な旅

コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで訪れた国は数知れず!直近の大きな旅は3年かけた新婚旅行、日本縦断!“旅のエキスパート”菅原が、社会人の旅の心得を伝授します。

若いうちは、多少無理をしてでも旅に出ましょう!いろいろなものを見たり、聞いたり、体験することが、あなたを大きく成長させてくれます。特に、荷物が少なくて済む温かい時期に旅に出ることがおすすめです。行きたい場所に行き、何でもやってみる。そしてどんな状況も楽しむことがハッピーな旅のヒケツです。

「変化の渦中に飛び込もう!」
私の主な旅先はアジア諸国ですが、そういった発展途上の国々は、今ものすごい勢いで変貌を遂げています。そのパワーを体感できるのは今だけです。混沌としていて無秩序で、大変なこともありますが、あえて飛び込んでみましょう!それらは全て、その後の人生できっと何かの役に立ちます。

「離島文化を体験しよう!」
世界の様々な国を訪れて、日本を縦断して、1番面白いと思うのはそれぞれの国・地域の文化の違いです。何故島に魅力を感じるのかというと、陸続きになっているところとはまた違う文化が発達しているからです。食べ物や住宅、乗り物、風習。そういった独自の文化を知ることがおもしろいですね。


「市場へ行こう!食は文化なり」
旅先で必ず訪れるのが市場とスーパー、それから地元の人でにぎわっている食堂です。市場では普段自分の住んでいるところでは見られない変わった食材や色鮮やかな魚、不思議な果物、野菜などを見ることができ、非常におもしろいです。また、スーパーでは調味料やお惣菜、お菓子を買うのが楽しみです。日本全国、全世界、実にたくさんの食材・食文化があって、一生かけても食べつくせないんだろうな、でもできるだけトライしてみたいな、と思っています。それから、地元の人でにぎわっている食堂は間違いなくおいしいです。メニューがないところもありますが、「あれと同じものを」と指させばOK。おいしいものはやはり地元の人が1番よく知っています。それに倣えば間違いなしです。


ここもミドコロ!

社会人必見!
『まっぷる』の便利な使い方


「どの辺りまで行こうか」という大まかな計画を立てるときに『まっぷる』を活用しています。行きたい場所に印を付け、その印を地図上でつないで1日の動きをイメージ。『まっぷる』には広域地図と詳細地図が付いているので、プランニングの際には広域地図を使い、現地では詳細地図を。地図の会社だけあって、地図が見やすく使いやすいですよ。旅の計画をする時間がない方は、とりあえず往復の交通手段を確保して、何をするかは移動中に考えましょう。『まっぷる』なら、必須のスポットをすべておさえてあり、その場所が地図にも示されているので迷いません。『まっぷる』を活用しつつ現地で情報収集したり、自分の勘を頼りにするのも旅を楽しくするポイントです。


マップルリンク対応 マップルリンク詳細はこちら

コラム一覧を見る


ページのトップへ