1. TOP
  2. コラム
  3. まっぷる 関東・首都圏発 家族でおでかけ 夏休み号|『一冊まるまるおトク情報が満載! かしこく、楽しく、家族でおでかけ! 』

コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミリー向けのおでかけ情報誌として約15年。多くの読者から応援いただいてきた「家族でおでかけシリーズ」。この夏、発売された『まっぷる 関東・首都圏発 家族でおでかけ 夏休み号』は、表紙の「今年の夏もコスパが決め手」の言葉通り、内容は家族にうれしいおトク情報が満載です。単なる夏休みの情報誌としてではなく、おトクなおでかけを演出する一冊としての発見が盛りだくさんの内容。今回は、長年に渡りこの「家族でおでかけシリーズ」を担当する2名の編集者に、本誌のおトクな魅力をたっぷり聞きました。

おでかけに新しい楽しみを!驚きと発見がある誌面づくりを目指して

市来
「家族でおでかけシリーズ」は、ベビーカーエイジから小学校中学年くらいまでの子どもを持つファミリーが、「今度のお休みはどこに行く?」と家族で本を見ながらワイワイとおでかけの計画を立てられるガイドブックを目指して制作しています。

鈴木
子どもが見ても “おでかけの楽しさ„ が伝わるように、写真を多めに配置して、イメージキャラクターである “ダッキー„ のイラストなども使いながら、誌面にメリハリをつけるように心がけています。他の「まっぷる」に比べてみると、よりにぎやかなデザインになっているのがわかると思います。

市来
おでかけするにあたって、家族連れにとってハードルが高いイメージがある場所でも、実はファミリー向けのサービスが充実しているところもあって、パパ・ママが負担少なく、楽しめるところも多いんです。「家族でおでかけシリーズ」を読むことで、そんなハードルが少し下がって「今度行ってみようか」と思ってもらえたらうれしいですね。

鈴木
たとえば、キャンプって機材を用意したりしなきゃいけなくて、少しハードルが高いイメージがあると思うんですが、現地にレンタル用品が揃っていて、手ぶらで行けるキャンプ施設もたくさんあったりするんですよね。

市来
レストランでも、少し高級志向なお店であったとしても、実はキッズプレートも用意されているなんてこともあったりします。子どもがいると、どうしても気軽に入れるファミレス的なお店を選びがちです。子どものために大人が我慢するのではなく、大人も子どもも、しっかり楽しめるお店も多いので、そういったお店をぜひ紹介したいという想いがあります。

鈴木
ファミリーでのおでかけは、以前は子ども中心で大人が子どもにあわせるのが普通だったと思うのですが、今では昔よりもバリアフリーも進んで、お母さんの負担も少なく楽しめるような場所も多くなってきてます。

市来
誌面でもっとも人気のあるコーナーのひとつが「読者限定ツアー」です。小さい子どもを連れて旅行に行くのは、まわりに迷惑をかけてしまうから…と躊躇されがちなんですが、まわりもみなさん子ども連れなので、気兼ねなく参加できるというのが人気の秘密だと思います。
※「読者限定ツアー」の詳細は、文末の「ここもミドコロ」で紹介しています。

おトク情報を詰め込んだ “楽しいのにリーズナブル„ な、おでかけのススメ

市来
家族でおでかけとなると、どこに行くにしても何を食べるにしても、人数分のお金がドンとかかります。ですから、お財布を預かるママたちの目は、とてもシビアです。この「家族でおでかけシリーズ」が一冊あればリーズナブルなおでかけができる、というような雑誌を目指したいですね。

鈴木
通常のガイドブックだと、大人料金しか載っていない場合もあって、子ども料金が書いてあったとしても「小人」とひとくくりにされてしまっているケースがあります。「家族でおでかけシリーズ」では、料金の表示を独立させて目立つようにしています。また、子ども料金は、全年齢区分を掲載して、○歳なら○○円というように、明確に分かる工夫をしています。

市来
“安い„ & “タダ„ という情報も外せないポイントです。さまざまな店舗や施設にお願いして読者限定得クーポンや読者プレゼントの充実に力を入れていますので、ぜひチェックしてみてください。

鈴木
たとえば、レストランの20%OFFというクーポンもあり、これひとつを利用するだけでも、本誌購入の元がとれてしまうほどおトクなんですよ。また、小さな遊び心として、子どもたちがお手伝い券として利用できるファミリークーポンも付いていて、家族で楽しみながら使っていただけると思います(笑)。

家族全員で楽しんで欲しいから、パパ・ママ視点での誌面作りを心掛けています。

鈴木
パパやママが、何が知りたいのかという気持ちを常に意識しています。夏休み号でいえば、海水浴場の特集もあるんですが、なかでもパーキングの情報は目立つように独立させて、料金とビーチまでの距離がひと目でわかるようにしています。乳幼児が一緒の家族であれば「こちらの駐車場は有料だけど、ビーチに近い」といったように、おでかけ先選びのポイントにしていただけると思います。

市来
その他、編集の際に気を付けている点としては、紹介したいイベントが複数あった場合に、子ども連れで行くには人が多そうといったイベントの優先度は下げて、予約して席が確保できるとか、子ども連れで行く際にハードルが低いものを優先して紹介するようにしています。

鈴木
アウトドアガイドのページでは、パパやママが知りたいであろう情報をQ&A形式でわかるようにしています。「キャンプ場で天候が急変してしまったら…」「サマーキャンプに子どもを一人で参加させたいけど大丈夫かしら…」など、心配になりそうなポイントを先回りしてお伝えすることで、安心できる工夫をしています。

市来
単純にスポット紹介になってしまわないように、あくまで家族での目線で考えた企画が揃っています。子どもはもちろん、ママ・パパ、おじいちゃん・おばあちゃん、ファミリーみんなが楽しめる情報をギュッとまとめた中身の濃いガイドブックです。季節ごとのおでかけに、ぜひ活用していただけたらうれしいです。


「読者限定ツアー」

「家族でおでかけシリーズ」の人気コンテンツのひとつである「読者限定ツアー」は、今年の夏で25回目を数えます。毎回多くの子ども連れの家族からご好評いただいていて、三世代で来られる家族や、ママ友同士の参加も多くあります。さまざまな団体とコラボして、これまでには「工作体験」や「そば打ち」などの体験物に加えて、「ホタル観賞」や「かまくら&雪遊び」など、その季節でしか味わえない内容を盛り込んだツアーです。なんといっても子ども連れの家族向けに特別に企画していますので、保護者の方々も気兼ねすることなく、のびのびと旅行を楽しめます。ぜひ、「家族でおでかけシリーズ」をお買い求めの際は、「読者限定ツアー」もチェックしてみてください。

関連商品

    コラム一覧を見る


    ページのトップへ