1. TOP
  2. 採用情報
  3. 昭文社の社員紹介
  4. 今井 大輔

昭文社の社員紹介

今井 大輔

ソリューション営業のプロフェッショナルを目指して。

私の所属する部署は、主に官公庁や民間企業をターゲットにしたデジタル地図製品の営業活動を行っています。

「パトカーの位置を地図上でリアルタイムに管理したい」、「地域ごとのマーケットシェアを地図上で可視化したい」、「外国人旅行者向けの観光案内サイトを構築したい」など、お客さまが抱えている課題やニーズはさまざまです。

それらの多様なニーズに対して、昭文社が保有する地図や観光ガイドのデジタルコンテンツを組み合わせて、システム開発・WEBサイト制作の提案をします。ターゲットとする業種の性質上、国家規模の案件や、新聞・雑誌に掲載されるような大規模案件に関わることも少なくありません。

現在、最も力を入れているのは、当社の観光ガイド情報と地図配信サービスを組み合わせた、航空会社向けの提案です。 「情報が豊富で使いやすいホームページを構築し、顧客満足度を高める」というゴールに向けて、目標を細かく落とし込みながらお客さまと活発な意見交換をしています。

「成約」に至るプロセスにこそ、営業の醍醐味がある。

昭文社で仕事をしていて感じるのは、「成約」に至るプロセスにこそ、営業の醍醐味があるという点です。営業という立場上、大型案件を成約した時はとてもうれしいものです。ですが、お客さまが抱えている課題を一緒に解決できたと実感できた時は、もっと大きな喜びとやりがいを感じます。

私たちの部署は、決まりきった製品や定形のサービスを販売する営業活動ではなく、お客さまが抱えている漠然とした課題を具現化し、一緒に絵を描き、共にゴールを設定しながら提案をしていくソリューション型の営業になります。

お客さまからの要求が高度であればあるほど、実現までには多くの困難が伴います。しかし、ハードルを一つずつ乗り越えて課題を解決することができ、「今井さんが担当で良かった」という言葉をかけていただいた時の喜びは、何物にも代え難いものがあります。

自主性とチームワークのバランスが良いから、のびのびと営業できます。

私の部署の雰囲気は、とても活気があります。 大型案件を受注した時には、周りのメンバーが賞賛の声をかけてくれます。また、受注に至るプロセスを部の共有の経験にするために、詳細な部分まで話し合います。反対に、コンペで負けた時などは、次回に向けてメンバー全員で改善点を議論します。

個人の売上げ達成はもちろんですが、「チーム全体で売上げをクリアする」という共通認識があるので、後輩へのフォローがとてもしっかりしています。
個人の自主性を尊重してくれる部分と、チーム全体でフォローしあう部分のバランスが上手く取れていて、全員がのびのびと営業をしている、そんな雰囲気です。

最後に、ご覧いただいている皆さんに一言。
就職活動では、多くの企業から一社を選択するのは非常に難しい決断だと思います。皆さんの心の中にある「想い」を大切にして頑張ってください。

今井 大輔

大山 景子


舛木 信太郎

市川 良英


喜友名 潤


ページのトップへ