1. TOP
  2. 最新ニュース
  3. 青梅線沿線の5都市の魅力を新たな目線でピックアップ 新刊『ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村』発売 ~アメリカンな雰囲気、アートな街並、雄大な自然景観など多彩な顔をご紹介~
  • ニュースリリース
  • メディア掲載情報
  • その他お知らせ

ニュースリリース

2019年1月29日
株式会社 昭文社

青梅線沿線の5都市の魅力を新たな目線でピックアップ
新刊『ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村』発売
~アメリカンな雰囲気、アートな街並、雄大な自然景観など多彩な顔をご紹介~

co-trip_10th_logo.png 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、青梅線エリア女子旅推進委員会のご協力の下、人気ガイドブックシリーズ「ことりっぷ」の新刊『ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村を2019年2月12日より発売いたします。
 なお、東京都26市エリアにおけることりっぷの出版はこれが初となります。

hyoushi.jpg


18-19.jpg
<代表誌面1>
<表紙>  
 

『ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村
 東京都の西側に広がるこの5都市は、にぎやかなショッピングタウンや米軍基地のある街ならではのアメリカンな雰囲気に加え、アートな街並雄大な自然景観といった様々な特色を持っています。
 地元の新鮮野菜を味わえる各国料理店、さんぽの途中に立ち寄りたいこだわりのカフェ、手みやげにしたいかわいいスイーツアンティーク家具など、このエリアだけの魅力をピックアップ。
 都心から電車で気軽にアクセスできるので、何度もリピートしておでかけを楽しめる一冊となっています。

22-23.jpg 26-27.jpg
<代表誌面2> <代表誌面3>

■具体的な誌面構成
 本書は大きく4つの構成にわかれています。
●休日にリラックスできる場所へ
 特徴あるカフェや名水を生かしたお店、玉川上水や羽村堰のさんぽ、レトロな古民家&蔵レストラン、季節の景色など、身も心もリラックスできる週末のおでかけをご提案しています。

20-21.jpg 28-29.jpg
<ページ例1> <ページ例2>

●立川・昭島
 都心から電車で30分ほどのこのエリアは、駅の近くに商業施設が集まり、ショッピングやグルメを楽しむのに便利です。カフェやパン、スイーツ、各国料理の店などのほか、ピクニック気分を味わえる国営昭和記念公園、アートやカルチャーを感じる場所まで、幅広くご紹介しています。

36-37.jpg 40-41.jpg
<「立川・昭島」ページ例1> <「立川・昭島」ページ例2>

●福生・羽村
 在日アメリカ軍の横田基地がある福生。国道沿いのベースサイドストリート周辺には、米軍ハウスをリフォームしたカフェやレストランが多く、異国情緒を感じることができます。
 隣接する羽村とともに、個性的でスタイリッシュなお店やおみやげが特徴的なエリアです。

62-63.jpg 66-67.jpg
<「福生・羽村」ページ例1> <「福生・羽村」ページ例2>

●青梅
 東京にありながら自然がいっぱいの青梅周辺。ケーブルカーで登れる標高929mの御岳山や御岳渓谷沿いの遊歩道は、手軽なハイキングコースとして人気です。
 藍染め体験や小さな美術館さんぽ、くつろぎカフェやアンティーク&雑貨ショップ、おいしいおみやげから温泉宿まで、青梅の魅力を凝縮してお伝えしています。

82-83.jpg 84-85.jpg
<「青梅」ページ例1> <「青梅」ページ例2>

■商品概要
【商品名】ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村
【体裁・頁数】A5変型判(H180×W148)、本体112頁
【発売日】2019年2月12日
【定価】本体800円+税


【参考情報】
■「青梅線エリア女子旅推進委員会」とは?
 旅行への関心が高く、魅力的なおでかけスポットやトレンドの情報収集力・発信力のある女性メインの観光誘客により、交流人口の増加やさらなる観光振興および地域の活性化を目的とする、立川市・昭島市・福生市・羽村市・青梅市の5市で構成する委員会です。
青梅線エリア女子旅推進委員会 福生市シティセールス推進課 西村 祐紀さんコメント
 豊かな自然や街並み、アメリカンな雰囲気が多彩な魅力として調和している青梅線エリアの観光資源を発掘し、エリアの認知度向上、ひいては定住促進を目的に活動しています。今後、魅力あふれるイベントを企画していきますので、この本を持ってぜひ青梅線沿線エリアに遊びに来ていただきたいです。

■『ことりっぷ』について
 『ことりっぷ』は、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックの大人気シリーズです。2008年に創刊以来、旅好きな女性に圧倒的支持をいただいております。2019年1月現在、国内版65点、海外版40点、会話帖9点の計114ラインアップを展開しております。

5item-set.jpg

 


【リリースに関する問い合わせ】
株式会社 昭文社 広報担当 竹内
TEL:03-3556-8271 / FAX:03-3556-8168
昭文社ホームページ  http://www.mapple.co.jp/


ページのトップへ