1. TOP
  2. 商品サービス一覧
  3. デフォルメマップ作成ツール

デフォルメマップ作成ツールの特徴

デフォルメマップ作成ツールは簡単3ステップ

ステップ1:地図を検索して使いたいエリアを指定

ステップ2:目標物や案内ルートを自由に編集

ステップ3:画像形式に保存。チラシやホームページに

主な機能

1.地図の検索
住所、郵便番号、駅名などから地図を検索できます。
2.地図の切り出し
地図を切り出すエリアや縮尺を自由に指定できます。
3.地図のデザイン
カラー、白黒、町別色分けなど、複数のデザインパターンから選択。アレンジもできます。
4.文字や道路の追加
文字の入力、道路の追加、円の作成など、地図を自由に編集できます。
5.文字の自動調整
地図上の文字の重なり、エリア枠付近の文字のはみ出しを自動的に解消します。
6.出力形式
JPEG、BMP、PNG、TIFF形式やIllustrator形式での保存が可能です。
7.Illustratorでの加工
llustrator形式で出力し、加工できます。
8.Flashで動く地図
Flashの技術がなくても、「動く地図」が簡単に作成できます。
9.英語地図
交通機関、公共施設、観光施設など、英語に翻訳したデータの地図も作成できます。

 

仕上がりサイズと保存形式

仕上がりサイズ

20mm×20mm〜100mm×100mm(縦30mm×横90mmなどの長方形作成も可能)

※ホームページ掲載の場合は700ピクセル×700ピクセルを上限とします。

保存形式

Illustrator形式(Windowsフォント・Macフォント選択可)/Flash形式/JPEG、BMP、PNG、TIFF形式

カラー

CMYK/RGB

地図データと更新頻度

地図データ

「スーパーマップル」にも使われている「MAPPLEデジタル地図データ」をベースに使用しています。
仕上がり縮尺を変更することで、ベースとなる地図データが自動的に切り替わります。

仕上がり縮尺 ベースとなる地図データ
1/3,000〜1/20,000 MAPPLE10000
1/20,001〜1/40,000 MAPPLE25000
1/40,001〜1/100,000 MAPPLE50000
1/100,001〜1/300,000 MAPPLE200000
1/300,001〜1/2,000,000 MAPPLE1000000

更新頻度

年複数回、更新用の地図データをご提供します。
ご購入後1年間は、無償で地図の更新データをお送りします。
次年度以降は、有料のサポートサービスへのお申し込みが必要です。

購入方法とプリペイドボックスについて

デフォルメマップ作成ツールは、Windows環境にインストールして利用するソフトウェアです。

ソフトウェアを起動するには、USBポートやパラレルポートキーに接続する専用プリペイドボックスが必要です。

 

プリペイドボックス

プリペイドボックス画像 センチネルハードウェアキーに、ソフトウェアのプロテクト情報と、デフォルメマップ作成可能枚数を書き込んだものです。

D-sub25pinパラレルポートかUSBポートの2タイプをご用意します。

ソフトウェア起動後、作成した地図を保存するタイミングで、プリペイドボックス内の枚数が減っていく仕組みです。

※下のイメージ画像はUSBポート用のプリペイドボックスです。

 

購入方法

ご注文いただいてから1週間ほどで、DVD(またはCD)とプリペイドボックスをお届けします。

費用は、プリペイドボックスに設定する作成可能枚数によって、お見積もりさせていただきます。

お問い合わせフォーム・またはお電話などで、お客さまが必要とする枚数をご連絡ください。

動作環境

OS環境
・Microsoft Windows 8
・Microsoft Windows 7
・Microsoft Windows Vista™
・Microsoft Windows XP
ハードウェア環境
・IntelPentiumIII 500MHz以上推奨
・メモリー256MB以上推奨
・HD空き容量2GB以上(システムのみインストール時)
・全国の地図データをHDにインストールする場合5GB以上の空き容量が必要です。
・ディスプレイ1024×768TrueColor推奨

 

お問合せ・資料請求

昭文社のインバウンドプロモーション DiGJAPAN

商品・サービス

訪日外国人旅行客向けサービス

デジタルコンテンツサービス

オリジナルツール

広告

お問合せ・資料請求

メールやお電話でのお問合せはこちら

お問合せ・資料請求

カタログ ダウンロード

ダウンロード


ページのトップへ