1. TOP
  2. 商品サービス一覧
  3. MAPPLE道路ネットワークデータ

MAPPLE道路ネットワークデータの特徴

独自データを付加した道路ネットワークデータ

一般財団法人日本デジタル道路地図協会策定の「全国デジタル道路地図データベース」標準フォーマットを拡張し、カーナビゲーションやカーロケーション・移動体管理を目的にしたGISアプリケーション開発に有効な独自データを付加した道路ネットワークデータです。

MAPPLEデジタル地図データと同等の詳細な道路を収録し、現実の通行可不可状況を反映することで、より細やかなナビゲーションが可能になりました。

下記のような昭文社独自の情報を付与しております。

基本データ
道路ネットワークデータ
全道路ノード規制情報
全道路リンク規制情報
マスタ情報(フェリー、交差点名称、リンク内属性名称、道路通称名)

 

オプションデータ
方面情報(高速のみ)
高速分岐拡大図画像(ジャンクションなどの分岐拡大図画像)
都市高速入口拡大図(画像)
高速道路情報(料金、SA・PA施設)
レーン情報(車線ごとの進行可能方向情報)
ぬけみち情報
標高値情報(地表面標高)

■サンプル画像

MAPPLE10000 MAPPLE道路ネットワークデータ

右のネットワーク図においてピンク色で表記された箇所が、MAPPLEデジタル地図データより追加された道路です。

「MAPPLEデジタル地図データ」と合わせてご活用ください。

データフォーマット/その他

 

○基本データ(道路ネットワークデータ)

 固定長テキスト(改行なし)

 1レコード256バイト

○基本データ(その他)・オプションデータ

 CSV形式(方面情報、分岐・入口情報、高速道路情報など)

 BMP形式(画像)

 

なお、整備エリアは全国です。

お問合せ・資料請求

昭文社のインバウンドプロモーション DiGJAPAN

商品・サービス

訪日外国人旅行客向けサービス

デジタルコンテンツサービス

オリジナルツール

広告

お問合せ・資料請求

メールやお電話でのお問合せはこちら

お問合せ・資料請求

カタログ ダウンロード

ダウンロード


ページのトップへ