1. TOP
  2. 商品サービス一覧
  3. MAPPLEアドレスマッチングツール

MAPPLE アドレスマッチングツールの概要

高度なマッチング機能と住所辞書データの更新

MAPPLEアドレスマッチングツールは、お客さまの住所リストを自動解析して緯度経度情報を付与するアドレスマッチング(座標付与)専用のソフトウェア製品です。
漢字表記のゆらぎや京都通り名など日本の住所特有の問題も自動的に解決できる高度なマッチング機能と、定期的な住所辞書データ更新で安心してご利用いただけます。

ご利用イメージ   仕組みイメージ図
  • Excelの住所リストに経度緯度情報を付与して地図にプロットしたい
  • WEBアプリケーションに住所検索機能をつけたい
  • 住所文字列から緯度・経度を取得できるAPIがほしい

ご利用イメージ図

クリックすると拡大します

 

 

MAPPLEアドレスマッチングツールの特徴

住所レベル エリアでのマッチングの場合は街区まで、ピンポントでのマッチングには住居番号・地番までをご提供します。分析のレベルに合わせてお選びください。

表記のゆらぎ 「ケ」や「ヶ」、「溪」や「渓」といった旧漢字・新漢字の表記のゆらぎも自動判別します。

住所文字列の置換 特定の住所文字列を置換する処理をお客さまが独自に設定することができます。住所辞書に収録されている住所文字列と同じになるように置換することにより、マッチングレベルを向上させることができます。

ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ検索 解析関数と部分一致関数において、ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナによる検索も可能です。

郵便番号から住所情報の取得 郵便番号から該当する大字町丁目までの住所と緯度経度情報の取得ができます。
住所から郵便番号の検索も可能です。表記ゆらぎ対応として「〒」やハイフン等の文字列を無視する処理を行っています。

緯度経度から住所の逆引き機能 緯度経度の座標を入力し住所を返す逆引き機能もございます(開発キット版)。

京都の通り名に対応  a)京都市 ××区 通常の大字名 番地・号 ・・・一般的な表記
 b)京都市 ××区 通り名 通常の大字名 番地・号 ・・・通り名表記
 c)京都市 ××区 通り名 番地・号 ・・・通り名表記
上る/上ル/上がるといった表記のゆらぎの他、○○通△△を○○△△と呼ぶような「通」を省くパターンも自動的に判別しマッチングします。
※京都市通り名付き交差点情報を新たに収録しました。
2つの交差する通りの名称で示される交差点位置を取得することができます。

座標系と出力書式の設定 日本測地系・世界測地系の選択が可能です。
座標書式は1/1000秒もしくは度/分/秒など8種類から選択できます。
住所の「丁目」の表示/非表示、数字の全角/半角など、細かな書式設定も可能です。

推定検索機能の実装によりマッチングレベルが向上 住所辞書に収録されていない住所を指定した場合に、住所辞書に収録されている近い住所からその位置を推定する機能です。住居表示実施地区のみの対応です。

オフセット機能 海岸線付近でGPS測位する場合、GPSの誤差で海上の座標が取得されてしまうケースが ありますが、この場合に当オフセット検索機能を用いることで、最寄りの住所情報を取得することが可能になります。(開発キット版)

過去情報 住所情報は過去数年分の情報を収録しています。
行政合併などで住所が古くなってしまっていても座標付与ができます。

アドレスマッチング結果の表示 アドレスマッチングの精度をレベルで表示します。

アドレスマッチング精度向上のための編集ツール 精度を向上させるため、住所リストから選択方式にて編集する便利なツールをご提供します(EXE版)。

ご提供形式

 

(1)EXE版・・・独立したソフトとして座標付与を行いたいお客さまに。

(2)開発キット版(DLL形式・COM形式・.NET形式・SO形式)・・・アプリケーションに住所検索機能を組み込みたいお客さまに。

 

※お客さまの住所リストをお預かりして当社でアドレスマッチング作業を行う受託サービスもお受けしております。

お気軽にお問い合わせください。

動作環境

開発キット for Windows(DLL形式)
開発環境 ・Visual Basic 6.0 以上 / Visual C++ 6.0以上 / Visual C#
OS環境 ・Windows8.1/8/7/Vista
ハードウェア環境 ・CPU:800MHz 以上
・メモリ:512MB 以上
・ハードディスクの空き容量:1GB 以上(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)
※ ハードウェア環境は使用するOS等の条件を優先
開発キット for Windows(COM形式)
開発環境 COMコンポーネントを組み込める環境
サンプルプログラムではActive Server Pages(ASP)を利用
サーバー環境 IIS6.0以上
サーバーOS ・Windows Server 2012, Datacenter / Standard / Essentials / Foundation
・Windows Server 2008 R2,Standard Edition/Enterprise Edition/Datacenter Edition (x86, x64)
・Windows Server 2003 R2, Standard Edition / Enterprise Edition / Datacenter Edition
・Windows Server 2003, Standard Edition / Enterprise Edition / Datacenter Edition / Web Edition
ハードウェア環境 ・CPU:800MHz 以上
・メモリ:512MB 以上
・ハードディスクの空き容量(サーバー):1GB 以上(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)
※ ハードウェア環境は使用するOS等の条件を優先
開発キット for Windows(.NET形式)
開発環境 Visual Studio 2005 以上 (VB.NET / C# / C++CLI)
実行環境 .NET FrameWork 2.0 以上
OS環境 ・Windows8.1/8/7/Vista
ハードウェア環境 ・CPU:800MHz 以上
・メモリ:512MB 以上
・ハードディスクの空き容量:1GB以上(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)
※ ハードウェア環境は使用するOS等の条件を優先
開発キット for Linux(SO形式)
開発環境 ・C開発環境
・Java開発環境(JNIを使用)
OS環境 ・Red Hat Enterprise Linux 5
ハードウェア環境 ・CPU:800MHz 以上
・メモリ:512MB 以上
・ハードディスクの空き容量:1GB 以上(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)
※ ハードウェア環境は使用するOS等の条件を優先
アプリケーション版 (EXE形式)
OS環境 ・Windows8.1/8/7/Vista
ハードウェア環境 ・CPU:800MHz 以上
・メモリ:512MB 以上
・ハードディスクの空き容量:1GB 以上(地番レベルを全国インストールするには3GB必要)
※ ハードウェア環境は使用するOS等の条件を優先

 

お問合せ・資料請求

昭文社のインバウンドプロモーション DiGJAPAN

商品・サービス

訪日外国人旅行客向けサービス

デジタルコンテンツサービス

オリジナルツール

広告

お問合せ・資料請求

メールやお電話でのお問合せはこちら

お問合せ・資料請求

カタログ ダウンロード

ダウンロード


ページのトップへ